« 恥を知れ、日本人・其の壱 | トップページ | 電車の中は馬鹿だらけ »

2005年8月22日 (月)

恥を知れ、日本人・其の弐

長らく更新していませんでした。

別にネタが無かったわけじゃなく、書いてなかったわけでもなく、単にアップするのが面倒臭かっただけなんです。

許してください。ちょっとクレームが来たんで、書きためておいたネタを大放出したる。

BTW.

偏屈先生はオヤジという生き物が嫌いなのである。
その理由は、自分がオヤジだからなのだ(爆)。
いや、別に世の中のオヤジ全部が嫌いなわけではない。嫌いなのは次のような様態のモノである。
・泥酔者。特に電車の中で座ってノートPCを開いている時に、目の前で酩酊してふらふらと今にも倒れてきそうなオヤジ
・タバコ臭いオヤジ。タバコを吸うオヤジ
・電車の中でリイドコミックとか週刊アスキーを読んでいるオヤジ
・同じく電車の中でゲームボーイアドバンスとかを真面目にやっているオヤジ
・同じく電車の中でチューハイとか偽ビールを飲んでいるオヤジ。ワンカップ大関は論外

偏屈先生は女子高生と一部の女子大生も嫌いだ。
理由はバカだからである。
●例1:今日ある女子高生が電車の中でこんな会話を交わしていた。
バカA「あたしさー、他人に体に触られるような仕事したくないんだよねー」
バカB「何それ?」
バカA「膝の上に手ぇ乗っけられたりさー」
……それって、かなり特殊な「職業」だと思うんですけど。
●例2:同じ状況で。
バカB「あたしさー、すごいんだよー」
バカA「何が?」
バカB「モノを買うときにさー、これ買ったらどうなるか、ちゃんと考えるんだよー」
バカA「?」
バカB「昨日も百均でさ、これ買ったらどこに置くのかとか、何に使うかとか考えて、買うの止めたのー」
バカA「百均かぁ、安いねー」
……いや、そういうことじゃなくて……そもそも君らは……まあ、いいか。

日本は近々滅びると思うね(笑)。

|

« 恥を知れ、日本人・其の壱 | トップページ | 電車の中は馬鹿だらけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/5580718

この記事へのトラックバック一覧です: 恥を知れ、日本人・其の弐:

« 恥を知れ、日本人・其の壱 | トップページ | 電車の中は馬鹿だらけ »