« ある決意 | トップページ | 画像アップテスト »

2005年8月23日 (火)

宗教と思想の自由

いや、こりゃ凄いタイトルだね。
自分でもびっくり(笑)。
いや、別に天下を論じようというわけではなく、単に好き嫌いを語るだけです。だから、関係者の方々はこれを見ても、偏屈先生に刺客を差し向けようなどとは思わないように(思わねーよ。誰も見てないもん)。

えーと、口ごもりつつもズバリ言いますと、車内で「聖●新聞」とか「AK旗」とかを堂々と読まれるのはいかがなものか、と。
まあ、日本では(建前では)宗教も思想も自由なんで、個人が何を読まれても一向に構わないんですが、電車内で堂々とおっぴろげられるとちょっとむかつきます。
個人的な評価では、両紙ともあまりに視野が狭すぎて不愉快なんです。

例えば「聖●新聞」では、「東北の勝利」とか「なんとか県の男子部がどうのこうの」とか「●価大学は勝利の大学」とか「日蓮正宗の腐れ坊主がどーたらこーたら」とか「山崎某は希代のペテン師」とか、そういう記事はどうですかねぇ。まあ、宗教新聞ですわな。だったら、家で個人的に読まれるのがよろしいのではないかと。電車の中で広げられると押しつけがましいですし、はっきり申し上げてウザイですわ。それも、ひとつの暴力じゃないですかねぇ。特に、選挙を控えてますから(この時期、昔の「友達」からよく電話が掛かってくるんですわ)。
「AK旗」もねぇ。こっちは数的には少ないんで、まあ無視すればいいのかもしれませんが、世の中を攻撃してばかりでもねぇ(オマエモナー)。何も建設的な意見はないですし。ごめん、あるのかもしれないけど、よく読んでないんだ。でも、正直言って、愚痴にしか見えないんです。それを朝っぱらから目の前に提示されてもなー。

「宗教と思想の自由」ってのは確かに保証されるべきかもしれないけど、そこから逃げる権利もあって良いと思う。選挙とかで、つまらない主張を聞かされる側の身にもなってほしいと思う、今日この頃でした。

|

« ある決意 | トップページ | 画像アップテスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/5596136

この記事へのトラックバック一覧です: 宗教と思想の自由:

« ある決意 | トップページ | 画像アップテスト »