« 郵政民営化大賛成(選挙とは無関係) | トップページ | 郵政民営化大賛成その2 »

2005年9月 2日 (金)

さらにKQ

Wonder!!

いつも乗るKQの特急(通勤快速)は、二人掛けの椅子が進行方向にずらっと並んでいるタイプの二つドア車両である。つまり、国内線の旅客機みたいなものだ。ドアの付近には若干スペースがあり、そこには吊革もあるのだが、車両の中央部に進んでいくと吊革はなくなり、立っている者は椅子の背もたれに掴まっていくしかないのである。

皆さんもご存知だと思うが、よく電車の中で「立ち寝」をする人がいる。まだ吊革に掴まっていれば良いのだが、これが背もたれに手を掛けているくらいでは意識を失うことは危険極まりないことは自明の理であろう。しかし、睡魔は所を選ばず襲ってくるのである。

今日も今日とて(実際は昨日の朝だが)、この車両で立って寝ているうら若き女性がいた。電車の中で口を開けて寝ていること自体がかなり恥ずかしいことだと思うのだが、本能に抗う術はない。案の定、彼女も大きな口を開け、あろうことか首を上方70度くらいに傾け、海馬のごとく頭をふらりふらりと左右に回転運動させながら寝ていたのである。時々、膝ががくっと折れるというお約束のアクションもあったが、なぜか目が覚めることはなかった。

KQはよく揺れることで有名である。自らを支える手段を持たずに意識を失うことなどは御法度で、通常はあり得ぬことであった。彼女を支えていたのは何であったのか? 「眠い」「眠らなくちゃ」「眠らないとやってられないわ」という強い意志なのだろうか? それとも、未知の力なのだろうか?

その姿を見て、偏屈先生はこう思ったのである。

Stevie Wonderじゃん……」。KQの車内は、毎日が斯くもほがらかなのである。StevieWonder

女性は、このような姿勢を終点まで保ち続けていった。人間セグウェイである。

|

« 郵政民営化大賛成(選挙とは無関係) | トップページ | 郵政民営化大賛成その2 »

コメント

こっそりサングラスをかけてあげるとGJ!
また、「人間セグウェイ」は新しいネーミングですね。時代を感じさせます。

投稿: | 2005年9月 2日 (金) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/5751020

この記事へのトラックバック一覧です: さらにKQ:

« 郵政民営化大賛成(選挙とは無関係) | トップページ | 郵政民営化大賛成その2 »