« 季節雑感 | トップページ | 秋の佳き日に »

2005年11月11日 (金)

偏屈先生炎上

糞たわけどもめ!
この糞たわけ、空気読め! バカヤロー! マイペースでやってんじゃねぇ!……といきなり怒ってみました。でもね、誤解しないでくださいね。偏屈先生は普段は温厚な人柄で、このブログの中ではキャラを作ってるんですよー。
えーと、怒りの発端は、周りを見ないバカが多すぎるってこと。
●例1:始発電車に乗ろうとホームに並んでいる人々。3列目くらいまでは「絶対に座れるもんね」という余裕の表情。微妙なのは4~5列目。座れれば天国、立てば地獄。だって、わざわざ始発を待って座っていく人たちですもん、すぐに下車するわけがない。そこで焦る焦る。少しでも早く、要領よく座りたい……電車が来ました! ドアが開きました! 殺到する人々。そこで、ですよ! 2列目くらいに立っていたバカ(この場合は30歳前後のぽ~っとしたオバオネエサン)、何を考えているのか電車の中に入った途端立ち止まって、ゆーっくり、ゆーっくりと座る席を吟味し始めたわけ。後ろの人はビックリですよ。だっていきなりブロックされたんですもん。そうこうしている内に、他のドアから入ってきた客が、本来このドアから乗り込んだ人々が座るべき席をどんどん埋めていくわけ。わかります? こういう時の「ブロックされた人」の心理が。バカなオバオネエサンは、まったく周囲に無頓着。自分の思い通りの席を悠々と選び、後ろの人間の怨嗟の声も聞こえず、安らかな眠りへ。このドアの周囲に立っていた人間は、皆こう思いました。
「死ねよ!」
●例2:恵比寿駅のガーデンプレイス側の改札口。知ってる人は知ってると思うのだが、この改札は入るとすぐ上に電光掲示板があり、山手線と埼京線の発着時間を教えてくれるわけだ。まあ、それはそれで良いのだが……ある日、偏屈先生が焦って改札に飛び込もうとしていた。何故なら、どうしてもKQのある電車(それは例1参照)に乗りたかったからで、今まさに恵比寿駅に到着せんとしている山手線内回りに乗りさえすれば、品川で3列目くらいに並べるという計算の下の行為だったわけだ(笑)。
ところが! 目の前に大きな荷物(布団)を抱えたオジサンが現れ、横からスッと改札に入りやがった。まあそれは許せる。問題は……その布団を抱えたまま、改札を出てすぐに立ち止まりやがったことだ(笑)。幅1.2メートルくらいある布団を抱えて、改札出口で立ち止まれば、後ろの人間が通れなくなるという考えは無いのか? 実は、無いのだ。このオジサンは電光掲示板を見やっていたのだが、確かにもう少し前に行けば見にくくなるのである。しかし、たぶんこの掲示板は改札に入る前に見るものだと思うのである。そういう意味では、中途半端なところに掲示板を吊すJRが大バカ野郎ということになるが。
とはいえ、ここで立ち止まったらアカンと思えないのが怖い。しかも、後ろの人間(偏屈先生その人)が手で押して、「すみません」と言ってるにも関わらず微動だにしない。岩のような鈍感さである。
お陰様で、先生は山手線に乗れなかったのである。その結果、例1の悲劇が続いて起こり、偏屈先生の血圧が200を超えるという恐ろしいことになってしまったわけだ。
もし偏屈先生が恵比寿や品川で倒れていたら、それは「くも膜馬鹿出血」だと思ってほしい。
皆、一度死ねば良いのである。

|

« 季節雑感 | トップページ | 秋の佳き日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/7146640

この記事へのトラックバック一覧です: 偏屈先生炎上:

« 季節雑感 | トップページ | 秋の佳き日に »