« Little Wing by Jimi Hendrix | トップページ | おしむ »

2006年5月18日 (木)

人間模様

最近天候が不順である。などと書くと、いかにもネタに困っているように思われるかもしれない。実際、困っている。
偏屈先生シリーズもそろそろ飽きてきたし、こんな文章ばかり書いていると、いつ人間性を疑われるかわかったもんじゃない。親類縁者どころか肉親にだって「ブログやってます」と胸を張って言えないのは苦痛だし。
そろそろ本来の「良い人」に戻ろうか。え? そりゃ無理だって? そうだよな、確かに偏屈先生は作ってるキャラかもしれないけど、本当の自分を書いたら、いくら西やんだって避けて通るかもしれないしな。
まあ、それほど偏屈先生の心の中は暗黒だということです。ブラックホール並みですよ。

偏屈先生の一番嫌いなタイプは、今目の前に立ってるバカ女みたいなやつだ(KQの車中です)。つまり、ずうずうしくて無神経であつかましくて鈍感でうるさいバカである。濡れた傘が人に当たっても、人の靴を踏んでも、手提げバッグが人のPCを叩いても気が付かない、あるいは気付いてもシカトしてる人非人である。

韓国人と中国人は例外としても、最近の日本人の鈍感さはすごい。肩がぶつかろうが、アルミのアタッシェケースを振り回して人の膝を叩こうが知ったこっちゃない。たぶん、人を人と思っていないのだろう。前世はゴキブリか、良くてドクダミだったのかもしれない。

外国で感心するのは、どんな悪人でも、人にぶつかればちゃんと誤ることだ。躾ができているのだろうが、ロンドンのUndergroundでパンク野郎が「Sorry」とか言ってるのはちょっと不思議だったが。

……とか何とか言ってるうちに横浜を過ぎちゃったな。えーと、何か面白いことはないか、と。
目の前で女の人が泣いている。涙をポロポロ流して。彼女に何があったのだろう。惜しむらくはブスなことだ。もう少し何とかなれば同情も湧いてくるのだが。
つまんないな。
次だ。一週間くらい前の朝に、KQのK沢B庫という駅で連結車両の連結を待っていたら、反対側のホームに完璧なオタク(デブ系)がいた。メガネ、くしゃくしゃ頭(ベタベタ)、ビール腹、趣味の悪いジャケット、秋葉原デパートに売ってるみたいなスラックス、薄汚れた黒いリュック……標本にしたいくらいのTypical Typeである。
ただし! たったひとつだけ普通と違っていた箇所があった。それは……彼が上履きを履いていたことだった。真っ白で、つま先にゴムが付いている、アレである(ゴムは臙脂色♪)。
別にカカトを踏みつぶしているわけでもない。完璧な履きこなしだ(笑)。まあ、靴……なんだよな、彼にとっては。

他は……あんまり話題がないな。などと適当に書いていたら金S文Kだ。乗り換えなくちゃ。

|

« Little Wing by Jimi Hendrix | トップページ | おしむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/10132880

この記事へのトラックバック一覧です: 人間模様:

« Little Wing by Jimi Hendrix | トップページ | おしむ »