« Don't Look Back in Anger | トップページ | Little Wing by Jimi Hendrix »

2006年5月10日 (水)

Who?

誰ですか?Who






付記:京浜東北線が信号故障で止まりやがったために、KQも振替輸送を受けて大幅遅れになっている。平和島駅で停められているので、空き時間を利用して駄文でも書くとしようか。
えーと、DEATH NOTEも謎の終わり方をしたな。こりゃ、確かに賛否両論……いや、ほとんど「否」でしょう。
まだ電車は動かない……仕方ない。スペースも余っているから、こいつらは絶対にノートに名前を書かなくちゃいけないってヤツを列挙してみよう。いずれもここ2~3日の話だ。
1.帰りのKQ(まだ浅草線だが)で座ってたら、前に座っていた馬鹿女子高生(化粧豚)が鞄に「まりもっこり」らしき人形をぶら下げていた(実はそうではなかったのだが)。「ああ、これがまりもっこりかぁ」と思って見ていたら、急に人の方を見て騒ぎ出しやがった。曰く「あのジジイが人の股間をやらしい目で見てる」だと。自意識過剰もいい加減にしろよ、このブス野郎。誰がテメーのしょんべん臭い股なんか見るかよ。どうせお前の●●●なんか×××なんだろーが!……おっと、品性が疑われますな。剣呑、剣呑。
2.今、ババアに席を取られた。先生が立っていた前の席が空いたので座ろうとしたら、横から自分の鞄をそこに置きやがった。ババアの常套手段だ。……しかもすぐに降りた。なぜババアという生き物は……いや、止めよう。脳味噌がトンボくらいしかないヤツに社会のルールを諭しても詮無いことだ。■ね、ババア(笑)。
3.雨の季節になると、電車の窓は閉め切られるし、臭いは社内にこもるし、大変である。しかも、体臭が気になる季節だ。はっきり言おう。臭いデブは電車から飛び降りてくれ。お願いだ。体質は同情すべきだが、飲酒、タバコ、不摂生によるものは許せない。そういう輩は、偏屈先生に近づかないように。どうしても生活態度を改めるのがイヤなら、猿島辺りにサテライトオフィスを確保されることを節に望む。もう一度言う。臭い豚は■ね。
4.16歳から29歳までを対象に、献血のイメージ調査をしたら、1/4が献血そのものを知らなかったそうな(爆)。もう笑うしかない。現在、インド関連の本を猛烈な勢いで読んでいるが、彼の国と比較するにつけ、この国が滅びるのも近くないな、と思う。理由は簡単。自らを「発展させよう」という意識がないからである。自らを向上させるきっかけ要素はいくつかあるが、主なものは、コンプレックスに対する反発心、好奇心、自己顕示欲などである。ハングリー精神なんか、その好例だ。ところが、この国の若者(バカ者)たちは、これらの意識がスカーンと抜け落ちている。コンプレックスはあるが、それを自らの課題とする前に、社会や組織などの他者のせいにする。能動的に解決するよりも、恨みをもったまま現状維持を望む。おまけに、自分以外にはとんと無関心だ。親も子供の好奇心を押さえ込もうとするか、その逆に疑問を親自らが解決してあげようとする。子供が口を開ける前に、ステーキを切って口の前まで持っていってあげるわけだ。そりゃ、子供は人生ってのはそういうもんだと思うだろうよ。献血なんか汚らしいから無視する。歯牙にもかけることはない……だって、自分の問題じゃないんだから。

某誌によれば、7月4日に大地震が来て、年末までに日本は壊滅するそうな。東海アマチュア地震研究所によれば、大地震は6月15日らしい。どっちにしても、今年の夏休みはなさそうだ。一人で死ぬのはイヤだが、みんな死ぬならそれも結構なことかもしれない。中国に滅ぼされる前に、神様に沈められた方が良いのだ、この国は。 

|

« Don't Look Back in Anger | トップページ | Little Wing by Jimi Hendrix »

コメント

I think so. 
小泉劇場が話題となって自民党が圧勝した時、バカばっかりだと思ったですよ。
別に自民が嫌いなわけではないが、メディアリテラシーのある人間がそれ相応にいたら、
圧勝なんてありえないでしょ。
TVでもコメントに給している(自称)知識人が多かったな。
だって、メディアで「国民がアホだから」と正直には言えないしね。

投稿: ポポンS | 2006年5月11日 (木) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/10008548

この記事へのトラックバック一覧です: Who?:

« Don't Look Back in Anger | トップページ | Little Wing by Jimi Hendrix »