« 人間模様 | トップページ | 人生のスルーパス »

2006年7月 3日 (月)

おしむ

長らくお待たせしました。……誰も待ってないか。

日本イレブンのWCは終わりましたね。ふふ。実は喜んでいるわけで。だって、あんなヘラヘラした「サムライ」が勝ち続けたら罪ですよ。それに、ジーコのハゲ面を見なくて済むし。なんか、「日本人はWCを戦える状態になってない」と言ったらしいが、フィジカルな面、メンタルな面ともそんなこたぁとっくにわかってることで、だから、あんたがどうにかしなくちゃいけないんだろ、ということじゃないですかね。その部分を「選手の自主性に任せる」って言ったって、そりゃ詭弁。それでなんとかなるなら、監督もコーチもいりません。

偏屈先生は、監督就任時からジーコはダメだと思ってました。先生は忘れてませんよ、彼が読売との試合で、ジャッジに不服なあまりにボールにツバを吐いて退場になったことを。

先生はそのとき、こう思いました。「ああ、こいつは日本のサッカーを舐めているな」と。まあ、結局彼は日本のサッカーをどうにかしようとは思えなかったんでしょうね。

対して、オシム。この人は頭が良い人だなと思います。ただ……若干懸念あり。そんなに有能なら、なんで日本の田舎クラブの監督なんかやってんの(しかも息子と一緒に)。そりゃ、アチラでは、もう役立たずと思われているからなのでは? 名将ならば年齢は関係ないし、つまりは「彼のサッカーは古い」のではないか、と思うわけです。また、4年間時間が逆戻りしなければいいけどね。……本音だと、戻ってもいいんだけど。

オシムが決まったことより、内海が完封したことの方が100万倍うれしい先生でした。

最後に……タイトルの「おしむ」とは「オシム」に非ず。

小橋よ、絶対に生きて還れ。お前にもしものことがあったら、ひとつの業界が消滅するのだから。偏屈先生は、心の底から待っているから。小橋よ。

|

« 人間模様 | トップページ | 人生のスルーパス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/10768038

この記事へのトラックバック一覧です: おしむ:

« 人間模様 | トップページ | 人生のスルーパス »