« 偏屈外伝:ただ今8月21日午前中 | トップページ | ア、秋。 »

2006年8月26日 (土)

部分的鎖国論

最近つくづく思うこと。
日本を憎むことでアイデンティティを保っている国が(それを国家と呼べるならば)世界中に約3ヵ国ある。日本は異常な自虐性と忍耐力をもって彼の国と付き合おうとした。まあ、ぶっちゃけ中国と南北朝鮮なのだが。
で、結論は……「もういいじゃん」。十分に耐えたよ。お金もすっごく出した。ただ、中国は今後も付き合う価値はあると思うんで、首相も替わることだしもう少し我慢しても良いかな、とは思う。
でも、南朝鮮はどうでもいいんじゃない? 付き合っても「百害有って一利無し」。特定国に対して鎖国しましょうよ。日本海(東海じゃないぞ)に柵でも押っ立てて、海を渡って来れないようにしましょう。当然フェリーも飛行機も無し。竹島は国連統治にすればいい。
ついでに、国家予算を無駄に使いまくってくれる在日の方々には、日本国籍を取得するか(すごい簡単です)、本国に帰るかを二者択一で選んでいただく。日本にいるなら、ちゃんと税金払って日本人の謙譲の美徳を実行しましょう。ただそれだけ。NHKの料金も払えよ。あ、「北」の方は、黙って日本海から上陸してきたりしないでね。

という訳で、偏屈先生も今後は南朝鮮の悪口は書かないことにする。言っても無駄だから。だって、お互いにネタにしている情報が違いすぎますもん。100年経っても絶対にこの溝は埋まらないですね。永遠の水掛け論。
別に南朝鮮からの輸入が途絶えても困るものなんか何にも無いし。

最後にひとつだけ。南朝鮮の対日貿易は大幅な赤字。つまり、彼の国は日本から沢山モノを買ってくださる良い国です。もしかして、本当は日本に憧れてらっしゃる? 羨ましいの? だったら、日本叩きの映画とかドラマとか、空想で(というか脳内で)溜飲下げるのは止めましょう。少なくともそれは「礼節を欠く行為」ですから。
儒教の国なんでしょ?

|

« 偏屈外伝:ただ今8月21日午前中 | トップページ | ア、秋。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/11607812

この記事へのトラックバック一覧です: 部分的鎖国論:

« 偏屈外伝:ただ今8月21日午前中 | トップページ | ア、秋。 »