« Auction Jankie | トップページ | 魯迅について~初稿 »

2007年4月10日 (火)

アメリカ人ってバカなのか?

久々にデスノ(DEATH NOTE)のネタで。
ご存知の通り、昨年の10月からNTV系でアニメをやっている。
今年の6月まで続き、全37話やるらしい。一応、原作コミック全108回を内容的にすべてカバーするとか。で、アニメの25話でLが死んじゃうのだが、原作のコミックでは7巻の真ん中あたりでしかない。あと丸々5巻以上あるのだが、これをアニメでは残り12話で全部できるのか? もの凄い駆け足になるんだろうな。

アニメは概ね原作に沿ってはいるのだが、何せ原作の3倍のスピードで飛ばさないと足りなくなってしまうわけで、もう「大はしょり大会」なのである。
そのおかげで、原作で異様に多かったモノローグがすっ飛ばされること! 問題なのは、ここはじっくりやるべき……というポイントシーンの割愛が目立つことだ。それは制作者と偏屈先生の主観の違いと言ってしまえばそれまでなのだが。

最近では、捜査本部を抜けた相沢が伊出らと火口の逮捕に向かう際に、伊出と相沢の会話が省かれているため、彼らの行動の意味がわからなくなっている(原作を読んでいればわかるのだが)。また、ヨツバのトイレでレムとミサの会話の後半が無いために、後に海砂のために命を落としてまでも尽くそうとするレムの感情が今ひとつ伝わってこない。
まあ、そんなことは些末な問題である。
一番の問題は、Lが目を閉じる際の「やはり私は間違っていなかった  ……が……ま……」の台詞が無いことである。もうひとつ。砂になって崩れていくレムが「夜神月 死神をも超えている……」の台詞も無いし、崩れたレムの身体(砂)の中からノートを取り出す際の「やった これであちらのノートを使わなくても……」の台詞が無いので、状況把握が難しくなっていることだ。この辺りを理解しないと、次のエピソードを理解するのが非常にきつくなると思うのだが……(ここまでの台詞はすべてうろ覚えなので、間違っていたらご寛恕願う)。
いいのか、これで?
何か考えがあってのことか、制作者?

   *    *    *

さらに不可解なのは、こういった重要なシーンを簡略化する一方でアニメ独自のシーンを長尺で挿し込んでいること。
Lがワイミーズハウス出身であり、連れて来られた日のメモリーをフラッシュバックさせるために、「鐘の音」というキーワード&ビジュアルを挿し込み、それを「弔いの鐘=死」という連想に活用しているのだが、それはどうなのだろうと思わざるを得ない(Lとワタリの会話でも、初めはいつもの執事口調だったワタリがL……多分「死」を予感していた……の異変に気付き「保護者」口調に変わるというシーンも勝手に作っている)。設定集である『DEATH NOTE13』にも無い関係であるが(そうだとは言われているが)、作者サイドのOKは出ているのだろうか?
おまけに、雨の中でLと月の善悪問答までやっちゃうし。個人的には、ここにも大いに不満。Lが「生まれてから一度でも本当のことを言ったことがあるんですか?」と月に聞くのだが、まるでLらしくない。Lならば当然月の過去を調べているはずだ。月は悪の顔を隠して生きてきた訳ではなく、ノートを拾うまでは退屈はしていても善人だったはずなのである。彼は別に真の顔を隠していたのではないのだ、と思う。Lの口調では「月の善人面は装った偽善だ」ということになってしまうのだが、それではこの作品のテーマが歪んでしまうのではないか? 善と悪の境界線は無いのである。悪人が悪を行うのではなく、善人が善を行った結果、ある状況(モラルや時代性)の中ではそれが様ざまに評価されるということなのだ。魔女狩りやギロチンや凌致の刑が確かに必要な時代があったのである。

   *    *    *

そんなこたぁ、この際どうでもいいとしよう。
ひとつだけ言わせてくれ。
アメリカってのは基本的に耶蘇の国ではなかったのか?
Lが月の足を拭くシーンがなぜ理解できないのだろうか。あれはキリストの故事に倣っている場面ではないか。最後の晩餐の際に、死を予感したキリストが弟子たちの足を順番に拭いていったエピソードを、L=キリスト、月=ユダに模しているのは明白だろうに。奴らは聖書を読んでいないのだろうか?
YouTubeのコメントを見ていると、Lがユダで月がキリストとか言っている輩はまだ良いとして、Gayだ卑猥だと騒いでいるバカが多すぎる。お前ら、教会行ってないのか?……行ってないか。

おまけ。月の命を受けた海砂が完全ゴスロリルックで無表情に歩きながら、犯罪人を裁いていくシーン。海砂の劇中歌を聴くまでもなく、あの格好と動き・表情は、海砂が月の「人形」であることを示しているのは明白だろうに、なぜそれがわからないのか不思議である(時を告げる人形のカットだってあるのに)。
だいたい、海砂ってのは「ゴスロリ」っぽいファッションなんだが完全ゴスロリじゃないんだよな。……原作をちゃんと見ていればわかるだろうに、制作者が原作にないシーンでわざわざああいう格好をさせている意味を考えろよ、と言いたくなる今日この頃でした。

自分だけわかった気になっているのも、ジジイになった証拠ですよ、はい。

|

« Auction Jankie | トップページ | 魯迅について~初稿 »

コメント

「足」は精神分析的にいうと、男性性器のメタファー
らしいですよ。だから、ゲイとか言って騒いでいる
んじゃないですかね?

まさか、マグダラのマリアと間違えることは
ないですよね……>アメリカ人

投稿: | 2007年4月10日 (火) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/14631658

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ人ってバカなのか?:

« Auction Jankie | トップページ | 魯迅について~初稿 »