« 5月病キターッ! | トップページ | Webは詐欺とエロから進化する »

2007年5月 2日 (水)

オナニーだよ、人生は。

ちょっと考えさせられた「ネタ」について。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/50086
↑の件は、ちょっと面白い話である。個人的に言いたいことは最後に書くとして、今回採り上げたい問題は、この内容ではない。
それに対するあるブログの「ユニークな」反応である。
以下に該当部分を掲げよう。著者に黙ってやってるんで、著作権違反だが、まあ、そんなこたぁこの際どうでもいい。

『この損害賠償請求訴訟は、知的財産という視点から非常におもしろい。「手品の種」は、「手品の種」という情報であるという点で、知的財産であると評価できる。しかし、「たばこがコインを貫通した」という自然法則に反する現象を表示するための「手品の種」と、自然法則の肯定を前提とする発明・ノウハウ等の技術情報とは明らかに異質である。また、自然法則の存在を前提とし、それに反する現象を表示するのが手品であるから、「顧客情報」等の経済社会における情報であるところの営業機密とも異なる。
手品の種明かしをめぐる訴訟は初めてであると言うが、確かに知的財産として評価され保護の対象となる既存の知的財産とは、本質的に異なる面がある。その訴訟上の取り扱いでは財産の得失という現象面からのアプローチにとどまり、「手品の種」の知的財産としての価値評価という哲学的ともいえる本質論は避けて通ることになるのではないか。海外での裁判例を参照するというアプローチが可能だろう。しかし、世界で初めてなのかもしれない。
しかし、手品を実演し、同時に種明かしをした日本テレビやテレビ朝日は、実に大人げないというか、いなか者であるというか、視聴率という手品の種明かしからやった方がいいんじゃないか。』

以上。
まず、ちゃんと背景も調べもせずに、どうして物事を断片的に論評できるのか理解に苦しむ。この場合、ニュースの元ネタとしては、ある手品ショップが実物のコインに穴を開け、二次的な手品のタネという商品を作ってしまったことにある。つまり、貨幣の改造で立派な法律違反である。そのニュースを解説するうえで、「必然性のある絵」として手品を実演して見せたということだ(TV局の主張では)。面白おかしく、意味もなくネタを公開したのではないのである。「いなか者」でもないのだ。
被疑者(あるネタのショップ店主)が「コインを改造してタバコが貫通する手品のタネにした」というのは事実であり、そう報道もされた。その時点で少なくともネタがコインそのものにあるということは既成事実として公開されている。であれば、その内容を知りたくなるのが人情というもの。また、公開された時点で、ネタとしての秘匿性などはかなり激減していると考えるのが普通ではないか? 無論、行き過ぎたネタばらしがあったかどうかは争点になると思うが、このブログの著者はそういう論点は持っていない。
まず周辺の状況を考慮し、ある程度裏を取ったうえで、文章を書いて公開するべきではないか。それが公に文章を発表する際の「責任」というものじゃないか? いくらオナニー的ブログとはいえ、この著者なんかアフィリエイトばりばり。PVが稼げて、アフィリエイトの日銭が入ってくれば、ちょっとエキセントリックでも構わないというのだろうか。

あと、映画とか書籍のレビュー。すごく中途半端な書き方が多すぎ。わからないというのは確かにひとつの批評であるが、その作品を真摯に見つめるという作業なしに、無責任な批評をするのはやめてくれ。個人の勝手な思い込みで感情的に評価しすぎ。どこのサイトとかは書かないけど。
本当にオナニー社会だよな。

まあ、このブログだって同じこと。
でも偏屈先生はαブロガーなんか目指していないし、アフィリエイトで稼ごうとも思っていない。誰も見てなくても結構。
日記を他人に見せることを前提に書くのは、違和感が拭えないと魯迅先生も言っておられるしね。
まあ、書きたいことを書くだけさ。

|

« 5月病キターッ! | トップページ | Webは詐欺とエロから進化する »

コメント

同意。
ちなみにアメリカでは、大掛かりなマジックの種明かしTV番組
(たぶんTBSで一部が放送された)でトラブルがあったはず。
訴訟大国だし、海外なら前例はあると思いますね。

正直、個人的には最近ブログや口コミを
以前ほどには信用していないし、できませんね。
ちょうちん持ちは、いいんです。それと判れば。
だいたいバナーやリンクがあるので判りますよね。

問題は、偏屈先生と同意見(物事を深く考察・検証
せずにモノを書く輩が多いこと)かつ、さらに言えば
書いている人間が「なんぼのもじゃ」(大阪調)と。
肩書きとかはどうでもいいですよ。人のこととか、物事を
正しく、広く評価できる視点や、知識、経験などがあるのかと。
突き詰めると、そういった見識がある人以外は意見が
いえないのかという風になってしまうので、年齢や立場によって
いろいろな意見や評価があるのねーぐらいの
軽い受け止め方がいいんだろうと、あえて意識しています。

まあ、読む価値あるもの(人)を自分ですばやく
取捨選択できる能力が必要だってことになるんですかねぇ。
マスコミが情報のクオリティを担保できているのかといえば、
そこも微妙ですしね……。
あーぁ、人のブログにこんなに書いちゃったよっ。

投稿: | 2007年5月 8日 (火) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/14997672

この記事へのトラックバック一覧です: オナニーだよ、人生は。:

« 5月病キターッ! | トップページ | Webは詐欺とエロから進化する »