« カメとエリカ様 | トップページ | 落ち着かない人々 in KQ »

2007年10月16日 (火)

フェアプレイはまだ早い

非常にしつこいのだが、カメダのネタである。早く書かないと賞味期限が切れちゃうからね。
昨日、カメダ親子に試合中の行為に対しては極めて異例な「処分」が下された。それはひとつの結果として尊重するが、ここで偏屈先生が書くことは、それとは全然次元を異にすることだと思っていただきたい。

えーと、昨日お笑い芸人のキングコングの西野氏(見た目がまともな方)が、自らのブログにおいて、『WBC世界戦について「理由は何であれ、[切腹]を煽るのは絶対に間違っていると思う」と、試合後に『切腹コール』をした観客や[切腹]について質問した記者を批判した』そうである。
早速先生も彼のブログを覗いてみたのだが、上の言葉に続いて『あの会場で[切腹コール]をした多くの人達やあの質問をした記者さんは絶対に間違っていると思う。亀田大毅選手が試合前の記者会見でその言葉を口にした時に、「そんな言葉を簡単に言うもんじゃない」と人は思っただろう。その考えが正解だと思う。言うもんじゃない。だから試合前に新聞に叩かれた。でも切腹コールなんてした時点で、その時の亀田大毅選手と同じレベルだ。[切腹]なんて簡単に言っちゃいけないのだ。子供が観てるのだ。その姿を。[切腹コール]で盛り上がる大人の姿を。何も知らない子供が。』ということらしいのだ。
これは非常にもっともな意見である。論評に値すると思われるので、先生の所感を以下に綴ることにする

先生の結論から言わせてもらえれば、残念がなら、「もっと煽るべし」ということになる。
西野氏への反論はいくらでもある。
まず、試合前の「切腹」発言を、試合前に叩いている新聞などはなかった。また、そう「言うもんじゃない」と思ったのなら、そうブログに書けば良いのに、残念ながら西野氏にそういう発言は無かった。
また、あの試合はTVに映っているのはカメダのファンばかりだったが、実は会場の6~7割は内藤ファンというよりも熱心なボクシングファン(=アンチカメダ)だったというのが事実であり、彼らは正統なボクシングスタイルを大切にするがゆえに、わざわざ会場まで乗り込んで内藤選手を応援していたのである。
しかも、やや余談ではあるが、リングそのものも通常よりも小さく、マットも柔らかく設置されていたという。フットワークの良い選手(内藤のような)の動きを妨げ、頭から突進してロープに追いつめるためには柔らかくて小さいマットの方が良いのは明白である。誰かがやったというより、「誰」がやったのかが問題だ。何となくわかるだろう。何となくだが。
以上は別に先生の脳内妄想でもなんでもなく、当日会場にいた芸人のなべやかん氏のレポートである。ちなみに、彼はウェイトリフティングの元日本代表であり、バリバリのボクシングマニアであり、それゆえに当日内藤選手が負ければ「日本のボクシングもお終いだ」という悲壮感を漂わせて観戦していたクチである。おまけに、「切腹コール」の首謀者でもある。

その彼が非常に面白いことをブログに書いていたので、勝手に要約してみたい。
彼も、「切腹などという言葉を軽々しく口にすべきではない」と考えている。しかしそれは西野氏が言うような子供の教育上の問題などではない。なべやかん氏の知っているボクサーは、タイトルマッチの最終ラウンドで自分がポイントで勝てないと覚ると、すべてを捨てて自分の必殺技である左フックだけに賭け、見事に玉砕(つまりKO)したという。
ボクサーは……というか勝負事は……最後の最後まで、それこそ下駄を履くまでわからない。今回だって、最終回にラッキーパンチ一発で逆転という可能性だってゼロではなかったのだ。先に紹介したボクサーは、それに賭けて見事に負けた。しかしそれは、最後まで「勝つ」という執念に基づいた行為だったのだ。
しかし、カメダはどうだった? 彼はそれまでの細かい反則を反省して堂々とKO狙いで勝負に賭けるどころか、12ラウンドも反則を繰り返したではないか? 反則負けの方が良かったということかもしれないが、要するに、カメダは「勝ちを捨てた」のである。この時点で、すでにチャンピオンシップを争う資質も資格もないことは明白なのだ。カメダよ、君は「弁慶」じゃなかったのか? 弁慶はどうやって死んだのか、まさか知らないわけではあるまい?
加えて、断続的な反則の数々。西野氏に聞きたい。正々堂々と戦うべき……しかも、世界戦ですぞ……選手が、大口を叩いたにも関わらず、始めから反則を繰り返し、あまつさえ勝ちを捨てて卑劣な行為に走る姿は、「子供が観てる」ときに晒せるものなのか? しかも、年上のチャンピオンに対して「ゴキブリ」と暴言を吐き、「おまえ、こら」と威嚇し、「負けたら腹を切る」と豪語する姿は、「子供」に見せられる正しいものなのか? 君は君のブログで、この試合の前に少しでもこの件について触れていたのか?(一応先生はちょこっと触れてはいた)

もうひとつ言わせていただこう。日本人が古来大切にしていた文化に、「恥」という概念があることを西野氏は知っているのだろうか? 言霊、という表現がある。口から出た言葉は、何があっても取り消すことはできない「命を宿したもの」なのである。カメダは衆人の前で、確かに「腹を切る」と言った。その言葉は否定することはできない。してもいけない。自ら発した言霊を自らが葬るとき、日本人は「恥」を感じてきたのだ。
カメダ一家にも、ぜひ「恥」という言葉を噛みしめてもらいたい。

カメダは、本当に最終ラウンドに玉砕するべきだったのだ。もしそれが適わなかったときは、最後のゴングが鳴った後に、内藤に頭を下げ、握手をし、抱擁をし、相手を讃え、誤るべきだったのだ。それは、「恥」を知り、「切腹」に値する潔い行為なのだ。
彼はそれができなかった。それすらしなかった。それは、「子供が観てる」からこそ行うべき行為だったにも関わらず……西野氏よ、これを子供が観ていたらどう思うだろう? 「どんな悪いことをしても誤らなくていいんだ」「腹を切るなんて言っても、さっさと逃げれば許されるんだ」「シカトしてりゃ勝ちなんだ」……西野氏よ、もう一度言う。彼は腹を切らなくちゃいけなかったんだよ。ただし、それは血を見ることではなく。まあ、カメダにすれば、「ゴキブリ以下」の男に頭を下げるくらいなら、本当に切腹した方が良かったのかもしれないが。

カメダには893との関係も噂されている。が、まあ、そんなのはどうでもいい。オヤジがもう少し後で脳卒中で倒れるという筋書きもあるらしいが、さすがにそれは「噂」にすぎない。内藤選手が1000万円のギャラをもらったことで、TBSの『アッコに●●●●!』は貧乏な内藤家に明るい春が来た、みたいな取り上げ方をしていたが、カメダのギャラが9000万円であることには一言も触れなかったのは不思議である……死ねよ、TBS。もう、みんな無茶苦茶である。

キングコングの西野氏は、魯迅の『フェアプレイはまだ早い』という雑文を読んだ方がいい。そこで魯迅は明確に述べている。「水に落ちた犬はうつべし」と。正確には「自らが水に落とした犬はうっても良い」というものだが、カメダは国民全員が落としたも同然。だからうってもいいのである。やや論調が強引になってしまった(そもそも魯迅は日本人じゃないだろう)ので、カメダネタはこれでお終いにする!

全然関係ないが、今日のパリーグCSでロッテが勝ち、イーブンになった。何と言ってもすごいのは、ロッテのバレンタインが第5試合(最終戦)まで、実質的なエースの成瀬を取っておいたことである。
今日負ければすべてお終いという第4戦にさえ、故障しているのでもないのに、パリーグ相手には負けなしの16勝左腕を温存したのは信じられないことだ。普通であれば、第1戦と第5戦に出すはず(相手の日本ハムのダルビッシュのように)。これでもしロッテが勝ったら、まさにバレンタインマジックではないか? 実際彼は、相手がダルでも高い確率で成瀬が勝てると信じているのだ。なんでこれが凄いことなのか、野球を知らない読者が見たらさっぱり意味がわからないだろうが。
でもいいや。クレイモアよりは理解されるだろうし。ハラ監督だったら絶対こんなことはしない、と言うかできないと思う(笑)。
ロッテのバレンタイン、日本ハムのヒルマン。この両監督、いや、両名将、来年はどっちもいないような気がするのが残念ではある。

まあ、来年のことを言えば鬼が笑うだけ。偏屈先生なんか、会社があるのかどうかも疑わしいくらいですよ。とほほ。

|

« カメとエリカ様 | トップページ | 落ち着かない人々 in KQ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/16783398

この記事へのトラックバック一覧です: フェアプレイはまだ早い:

« カメとエリカ様 | トップページ | 落ち着かない人々 in KQ »