« love the world | トップページ | 滅多にないこと多発。 »

2008年6月 7日 (土)

ある自殺者の遺書

確か3日前くらいのネットのニュースで、アメリカの歌手兼俳優のコートニー・ラブが、元夫のカート・コバーンの遺灰を盗まれたってニュースがあったのを覚えているだろうか?
テディベア型のバッグ(何それ?)入れておいたら、宝石やら洋服やらと一緒に盗まれたそうな。バカ(ほめ言葉)で有名なコートニーらしいエピソードではあるが、悲しい話ではある。
それで思い出した。
世の中には奇特な方がいて、自殺者の遺書ばかりを集めてアップしているサイトがある。以前、そこで太宰やら芥川やらの遺書に混じって、このカート・コバーンが猟銃で自らの頭を撃ち抜く直前に書いた遺書が載っていて、その切なさが妙に心に残ったものだった。
いい機会なので、全文掲載してしまおう。最後に、その中ので一部の日本語訳も載せておく。翻訳者は偏屈先生ではない……ある意味で著作権違反かもしれないが、遺書の翻訳に著作権があるかどうか微妙なので、文句が出るまで、このままにしておくことにする。
なお、最後に出てくるフランシスというのは、二人の間に生まれた一人娘で、何故かすごいデブのくせにモデルなんぞをやっている。アメリカにも親の七光りがあると見える。

To Boddah

Speaking from the tongue of an experienced simpleton who obviously would rather be an emasculated, infantile complain-ee. This note should be pretty easy to understand. All the warnings from the punk rock 101 courses over the years, since my first introduction to the, shall we say, the ethics involved with independence and the embracement of your community has proven to be very true. I haven't felt the excitement of listening to as well as creating music along with reading and writing for too many years now. I feel guilty beyond words about these things. For example when we're backstage and the lights go out and the manic roar of the crowd begins, it doesn't affect me the way in which it did for Freddy Mercury, who seem to love, relish in the love and adoration from the crowd, which is somehting I totally admire and envy. The fact is, I can't fool you, any one of you. It simply isn't fair to you or me. The worst crime I can think of would be to rip people off by faking it and pretending as if I'm having 100% fun. Sometimes I feel as if I should have a punch-in time clock before I walk out on stage. I've tried everything within my power to appreciate it (and I do, God believe me I do, but it's not enough). I appreciate the fact that I and we have affected and entertained a lot of people. I must be one of those narcissists who only appreciate things when they're gone. I'm too sensitive. I need to be slightly numb in order to regain the enthusiasm I once had as a child. On our last 3 tours, I've had a much better appreciation for all the people I've known personally and as fans of our music, but I still can't get over the frustration, the guilt and empathy I have for everyone. There's good in all of us and I think I simply love people too much, so much that it makes me feel too fucking sad. The sad little sensitive, unappreciative, Pisces, Jesus man. Why don't you just enjoy it? I don't know! I have a goddess of a wife who sweats ambition and empathy and a daughter who reminds me too much of what I used to be, full of love and joy, kissing every person she meets because everyone is good and will do her no harm. And that terrifies me to the point where I can barely function. I can't stand the thought of Frances becoming the miseraable, self-destructive, death rocker that I've become. I have it good, very good, and I'm grateful, but since the age of seven, I've become hateful towards all humans in general. Only because it seems so easy for people to get along and have empathy. Only because I love and feel sorry for people too much I guess. Thank you all from the pit of my burning, nauseous stomach for your letters and concern during the past years. I'm too much of an erratic, moody, baby! I don't have the passion anymore, and so remember, it's better to burn out then to fade away. Peace, Love, Empathy. Kurt Cobain.

Frances and Courtney, I'll be at your altar
Please keep going Courtney, for Frances.
for her life will be so much happier without me. I LOVE YOU. I LOVE YOU

聴くことにも創ることにも、もう随分長いこと興奮を覚えなくなっていた。そういったことに、俺は言葉に尽くせぬ罪を感じている。例えば楽屋にいると会場の照明が落ちて、群衆の狂ったような叫びが聞こえてきても、それは群衆の憧憬の念を愛し、楽しんでいたらしいフレディ・マーキュリーに与えたような影響を、俺には与えないんだ。
そのことは俺が、心から尊敬し、羨まく思っていたことなんだ。
要するに、俺は君たち誰ひとり騙すわけにはいかないんだ。
君たちにとっても、俺にとってもフェアじやないから。この思いをごまかして、あたかも自分が100%楽しんでいるかのようなフリをするなんて、俺が考え得る最悪の犯罪だ。
ステージに上がる前に、タイム・カードを押した方がいいんじゃないかと思う時がある。俺が、そして俺たちがたくさんの人間に影響を与え、楽しませてきたんだという事実を喜べるように、できるだけの努力はしたんだ。
俺はたぶん、独りでないと物事を楽しめないナルシストってやつなんだ。感受性が強すぎるんだよ。かって子供の頃に持っていた情熱を取り戻すには、もう少し鈍感になる必要がある。
ここ3回のツアーでは、個人的な知り合いや、俺たちの音楽のファンを、前よりずっとありがたく思えるようになっていた。それでも俺は、みんなに対する不満、罪悪感、そして同情から脱け出すことができなかった。
人間、誰しも長所がある。俺はただ、人間を愛しすぎるんだ。愛しすぎて、あまりにも……情けない……情けなくて、ちっぽけで神経質な、歓迎されない女々しい魚座のジーザス野郎に思えてくる。
いい人生だったよ。本当にいい人生だった。ただ、俺は7歳の頃から人間全般に憎しみを抱くようになっていたんだ。たぶん、単純に俺は人を愛しすぎ、人の気持ちがわかりすぎるからなんだろう。今までにもらった手紙や思いやりに、焼けただれた腹の底から礼を言うよ。俺はどうしようもなく変人で気分屋だから、もう情熱を失ってしまったんだ。覚えておいてくれ。

消え去るより、燃え尽きた方がいいんだってことを。

平和、愛、同情、カート・コバーン

文字が小さくて申し訳ないのだが、最後の一行は、言葉に言い尽くせないくらいの名文だと思う。
こんな文章が書ける人間が、単なる基地外とは思えない。
正直、「which is somehting I totally admire and envy」とはこのことではないか。

P.S. 日本男子バレーボールがオリンピックに出られるそうな。良かったと思う。TV見てたし(ナイターが無い!ので)。しかし、言わせていただこう。ジャニーズはいらん。TV局とDとHが日本のスポーツを弱くしているのが、手に取るようにわかるよ、ねぇ。

|

« love the world | トップページ | 滅多にないこと多発。 »

コメント

世の中に生きているのは俺ら人間だけではない!!もっとほかの生き物を尊敬すること。もっと大自然にありがたい気持ちをもつ事!もっと自分の欲望を控える事!

投稿: トナカイ | 2011年4月20日 (水) 12時12分

Do not cash to buy some real estate? Don't worry, because that is available to get the loan to solve such problems. So take a commercial loan to buy all you want.

投稿: BARTLETTOllie22 | 2012年7月16日 (月) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/41459564

この記事へのトラックバック一覧です: ある自殺者の遺書:

« love the world | トップページ | 滅多にないこと多発。 »