« Seventh Heavenを聴きながら | トップページ | 大本彩乃さんの20歳の誕生日によせて »

2008年8月25日 (月)

ある「オタ」の死

今日は月曜日である。
それだけで十分にブルーになれるのだが、加えて、朝からの鬱陶しい雨。
もっと鬱陶しい話でもしようか。

これれから書くことには、何の根拠もウラもない。あくまで伝聞をまとめるに過ぎないので、もしかしたら大間違いがあるかもしれない。でも、偏屈先生がこう見て、聞いて、感じたことだと理解していただければ幸いである。

8月3日、お台場のZEPP TOKYOでCX主催の『GIRL POP FACTORY』というミニPOPSフェスティバルがあった。名前の通り、出演者は全部女性(男性がバンドメンバーのケースは除く)で、中川翔子、青山テルマ、いきものがかり、HALCALI、そしてメインがPerfumeと倖田來未という面子だった。

主催のCXの運営がデタラメで、体調不良で倒れる者、耐えきれず退場する者、マナー違反で顰蹙を買う者が続出し、険悪な雰囲気のシーンもあったらしいが、先生は行ってなかったので詳しくは知らない。

この日、会場に集ったファンの約4割はPerfumeのファンだったらしいが、その最前列に「いるべき」オタ(通称ぱひゅオタ)が、一人欠けていた。

その人は、Perfumeの草創期(東京に出てきてからだが)から彼女を支えてきた「古参」と呼ばれる人々の代表格であり、象徴でもあった。

その人が、『GIRL POP FACTORY』の直前に亡くなっていたのである。本当は、何時亡くなったのかよくわからない。ネットではGPFの前日という情報もあったが、その情報を遺族から聞いてオタ仲間に伝聞した人のブログでは、「聞いた時点ですでに葬式も終わっていた」と書いてあったような気がするので、実際は7月末というのが正しいのだろう。
まあ、そんなこたぁどうでもいい。

故人の悪口はどうかと思うが、この人、決して評判の良い人ではなかった。少なくとも、「古参」に対する「新古参(メジャーデビュー以降にファンになった層)」「新参(ポリリズム以降のファン層)」からすれば、「最悪のクソ野郎」だった。
2ちゃんねるでも常に罵倒の対象でしかなかった人で、2ちゃんねらー曰く、「マナーゼロ」「メンバーに親しげ」「常に無理矢理最前列を確保」「新しいファンと呼吸を合わせず勝手にコール」などなど、言われたい放題だったのだ。だから、この人が死んだと知ったら、赤飯を炊かずとも、大笑いするくらいのことはされかねない人物だったと言えるだろう。

辛いインディー時代からメンバーを支え、「私たちは常にアウェイ」「私たちのファンはいない(あ~ちゃん)」とメンバーに言わしめた下積みの時代に、広い会場にたった一人しかいなくとも、Perfumeのファン代表として喉が嗄れるまで名前をコールし、販促イベントで売れ残ったCDをメンバーが悲しまないように全部買い取り続け、解散の噂が出たときは関係者でもないのに「解散させないでくれ」とアミューズのスタッフにお願いに行き、静岡という僻地(スマソ)に住んでいながら全国ツアーのすべてに参加してきたこの人にとって、ライブの最前列は常に指定席のはずだから、どんな手を使っても確保するべきだし、メンバーのコールだって、昔からのやり方が良いに決まってるから貫くべしと、既得権みたいなものを主張する気になったしても不思議ではない。
メンバーも当然この人のことは知っていて、特にあ~ちゃんは自分のファンということもあり、割と長時間話すこともあったという。

そういった、「思い上がった」行為は、すべて大多数の新参ファンから侮蔑の眼差しで見られていた。事実、先生が唯一参戦した6月8日のNHK『渋谷エコライブ』でも、『ジェニーはご機嫌ななめ』のあ~ちゃんへのコールで、古参と新参たちとの間で小競り合いがあったらしい(先生は遠くから見ていたので全然気が付かなかったけど)。

その『渋谷エコライブ』の最前列に、やはり彼はいた。しかし、体調が良かろうはずもなく、ライブの前には自らしゃがみ込んでしまったという。彼は、病の床から抜け出して、ライブに参戦していたのだ。

と、ここまで書いた分を読み返してみると、追悼文みたいに読めなくもない。冗談じゃない、見ず知らずの人間のために貴重な時間を割くほど偏屈先生もヒマじゃないのである。
話はここからなのだ。
前回のコラムで『SEVENTH HEAVEN』のことを書いた。しかも、誰もが良い歌だと認めているにもかかわらず、なぜかライブでパフォーマンスされることがないのだ、と。

彼の死が広まった次の日に開催されたGPF。そのセットリストには、なぜかこの歌があった。
彼が自ら書いた最後のブログのネタは、Perfumeの『love the world』がオリコンの一位に輝いたことだった。
オタ仲間とつながっているメッセンジャーのステイタスは、ずっと『edge』のまま。「誰だっていつかは死んでしまうでしょ だったらその前にわたしの 一番硬くてとがった部分をぶつけてsee new world」と歌う『edge』だった。もしかしたら、彼が最後に聴いたのも、この曲だったかもしれない。
そんなコテコテのぱひゅオタが死んだのだ。

Perfumeは、特にあ~ちゃんはその事実を知っていたのだろうか(知っていたという噂もあるが定かではない)。それとも偶然なのだろうか。まるで、天国に彼の魂を誘うように……珍しく、本当に珍しく……この『SEVENTH HEAVEN』を演(や)った。それは事実だ。

どれだけ キミのこと 想い続けたら
やわらかい 言葉じゃなくて キミに届く
もしもね この願いがちゃんと叶うなら
はじけて 消えてもいいよ ってどんだけ
SEVENTH HEAVEN

彼の願いはPerfumeに届いたのだろうか。本当にはじけて消えてしまった彼の存在は、天上の楽園に辿り着いたのだろうか。

当日のセットリストを見ると、この歌の後に、『スウィートドーナッツ』が続いている。メジャーデビュー前のインディーズ時代の代表曲だ。実はPerfumeは2003年に、このGPFに出演したことがある。そのときは同じ事務所のアーティストのおまけで出て、この一曲だけを「歌い逃げ」したらしい。その時のリベンジだと、MCであ~ちゃんは言った。そして、当時から見ていてくれた古参のファンへ、感謝の意を述べたという。
ぱひゅオタの彼が、2003年のこの場所にいたのかはわからない。でも、たぶんいたんだろう。

別に先生はこの人がこの世からいなくなっても、悲しくも何ともない。が、こうも思う。こんなバカの人生も、悪くないな、と。
それがどんなにくだらないことであっても、命を賭けて打ち込めば、きっと何か意味が見えてくるのだろう。ベーゴマ世界一だって、オリンピックのマラソン競技の金メダルだって、世界でただ一人の輝かしい実績だ。
それだけの価値が、Perfumeにはあると、彼は思った。
その、信じる心は、きっと尊い。誰に後ろ指を指されようと。

『スウィートドーナッツ』も『SEVENTH HEAVEN』も、きっと偶然に違いない。GIRL相手だから、そういう選曲になったにすぎないはずだ。

でも、もしかしたら。

昨日から『SEVENTH HEAVEN』を聞きながら、ぼんやりそんなことを考えていた。

|

« Seventh Heavenを聴きながら | トップページ | 大本彩乃さんの20歳の誕生日によせて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/42276739

この記事へのトラックバック一覧です: ある「オタ」の死:

« Seventh Heavenを聴きながら | トップページ | 大本彩乃さんの20歳の誕生日によせて »