« 残暑見舞い申し上げます。 | トップページ | ある予言 »

2008年8月11日 (月)

残暑見舞い申し上げます。Ⅱ

(前回の続き)
……どっかの国でオリンピックなるものをやっているとか。
この国にオリンピックをやる資格があるのか大いに疑問ではあるが、まあ、それは今回話題にするのは止めておこう(ちなみに、「オリンピック」という言葉は、金を払った企業しか使えない言葉なのですぞ。一般企業は「北京」とか「五輪」とか、何だかよくわからない言葉しか使っちゃいけないのだ)。

ちょっと谷選手の出ていた柔道を見ていて思ったのだが、あれって、柔道なの? 組まないで腰引いて、タックルに来たら上から潰して、反則招いてポイントで勝つ……ねぇ、それってレスリングとどこが違うの?

昔からのスタイルって、もうぶっ壊れてるよね。
本質もへったくれもないわけ。ただ合理的に勝てばいいわけ。スピードアップとか、TV映えとか、そんなものが求められててさ、「精神」ってどこかに置き去りにされちゃったわけですよ。
バカみたい。そんなのスポーツじゃないじゃん。

前回の話で言えばさ、江戸の(というか東京の)粋ってのは、シロップを見た目も華やかにドバッと掛けるなんざ、いやらしいってことなんだけど、もうそんな「こころ」を重んじる時代じゃないもんね。
まあ、「見た目」で決まる時代なんだよねぇ。

そのオリンピックだけど、今回は悲惨な結果に終わる気がするな。たぶん、金メダルなんか、柔道と女子レスリングでしか取れないのでは? 水泳も難しいでしょ。野球もソフトもダメだね。でもいいんじゃない? 期待しないで見守りましょう。
たまにはまともなことも言うでしょ?

P.S.世間はお盆休みらしいねぇ。電車は混んでるままなんだけど。しかも、いつも乗る電車で目の前に座ってる人が、偏屈先生と一緒の某社のビジネスバッグ(しかも同じ色!)を持ってるんですよ。で、いつもお互いに気まずい思いをしているわけ……でも、お互いに持ってくるのを止めないんですよ。変な意地の張り合いって……。

P.S.のP.S.夏フェスに引っ張りだこのPerfume。客寄せパンダという非難もあるが、実際に客寄せしちゃってるから恐い。この前のRock in Japan 2008なんか、小さな会場、しかも二日目の朝イチというハンディにも関わらず、観客が1万人以上集まり、しかも入場制限をしたらしい。偏屈先生は密かに『edge』を演ってくれるのではないかと期待していたのだが、ロックフェスっぽい曲は『Game』と『Electro World』だけだったみたい。『edge』は武道館まで待てということか(もしかして、まだ振り付けしてないのでは?)!
待ちましょう。ふふふ。

|

« 残暑見舞い申し上げます。 | トップページ | ある予言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/42131481

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑見舞い申し上げます。Ⅱ:

« 残暑見舞い申し上げます。 | トップページ | ある予言 »