« もう笑うしかない | トップページ | ある「オタ」の死 »

2008年8月23日 (土)

Seventh Heavenを聴きながら

せっかくの予言が、ある無能指導者によってはずされた、こんな辛い夜には、心を癒してくれる音楽が必要だ。
偏屈先生の場合は、何と言ってもPerfumeの『Seventh Heaven』だ。

Perfumeを見て、ある人が「新小岩のキャバクラにいそうな感じ」と名言を吐いたが、それを否定する気はない。フィリピンパブにいそうなメンバーも存在するくらいだ。
見た目はそうかも。でも、キラキラと踊る彼女たちは、異様にいきいきしているのだ。

ああ、そうなんだよな。このキラキラ感を忘れてしまっているんだよ、僕たちは。
Perfumeは本当に高齢のファンが多いんだけど、その理由はYMO世代だってことだけではなくて、このキラキラ感にあると断言してもいい。
人生の残りカスみたいなオジサンたちに、一時の休息と癒しを与えてくれる存在がPerfumeなわけですよ。

そのキラキラ感が爆発しているのが、この『Seventh Heaven』なんです。彼女たちは歌手でもアーティストでもなく、パフォーマーだと、偏屈先生は理解している。口パクなんか、何の問題でもないのだ。
とにかく、観ていただきたい。下のどれでもいいから、一度だけでも。

■本当は違法なDVDコピーバージョン
http://jp.youtube.com/watch?v=B_1a5P3pvls

■FANの手作りMADバージョン
http://jp.youtube.com/watch?v=8fvQkro1RgE

■七回忌法事バージョン
http://jp.youtube.com/watch?v=rq9OP8sOwCk

以上がYoutube。以下はニコ動。

■同じく違法バージョン
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4278674
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4178990
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4178940

■インストバージョン
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4060218

『コンピューターシティ』とか『PSPS』とか、ほとんど世間には無名なのに、神曲と呼ばれる「手持ち」がこんなにあるグループも珍しい。これが、巷に数多ある即席アイドルとは違う、彼女たちの財産なんだよね。

本当に、紅白では何を歌うんだろう? 先生の予想では、『ポリリズム2008』(ポリリズムにltwを組み合わせて、年末バージョンとして編曲したもの。普通ならltwにポリを足すものだが、NHKだからゴリ押ししかねない)。

この曲かシクシクかedgeをやってくれないかなぁ。無理だろうな。

まあいいや。とにかく、嫌なことはみんな忘れて寝よう。給料も出たことだし。

|

« もう笑うしかない | トップページ | ある「オタ」の死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/42243702

この記事へのトラックバック一覧です: Seventh Heavenを聴きながら:

» キャバクラ情報商材・評価ランキング10 [キャバクラ情報商材・評価ランキング10]
キャバクラ関係の注目の情報商材が初心者でもすぐに分かるランキング!!キャバ嬢攻略の最新ノウハウ公開。 [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 13時08分

« もう笑うしかない | トップページ | ある「オタ」の死 »