« 大本彩乃さんの20歳の誕生日によせて | トップページ | 狭小社会からの脱却(笑) »

2008年9月29日 (月)

秋に想ふ

つれづれなるままに。

秋ってのは、突然にやってくるものです。
昨晩は寒くって、いきなり風邪を引いてしまいました。
偏屈先生は、ほぼ毎日エスタックの顆粒を飲んでいるのですが、何も効いていないということなのでしょうか。まあ、使用法が間違っているということなのかもしれません。
しかし、この間違った慣習のために、内臓の抵抗力がゼロになった気がします。おかげで、先月受けた人間ドックの結果では、過去最高の再検査・精密検査数となりました。
本当にありがとうございました。
キリギリスみたいな命なのでしょうか。

キリギリスで思い出したのだが、昔話の『アリとキリギリス』は、元々『アリとセミ』だったそうな。セミという昆虫は、ヨーロッパでは数が少ないし、そもそも害虫扱いされているので(うるさいから!)、例え話には相応しくなかったらしく、誰かがキリギリスに変えてしまったようなのだ。でも、セミは地上に出てから7日間で死んでしまうわけで、そりゃ蓄財なんかするわけがない。話のテーマが根本的に変わってしまうと思うのだが。

セミでまた思い出した。以前、あるポスターで芭蕉の「静けさや 岩に染み入る蝉の声」の声を英訳したことがあり(先生が翻訳したわけじゃない)、その際に「岩に染み入る」という意味で、soak into the rocks(だったと思う)という表現を使っていた。実はそのときまでsoakという単語を知らず、へぇと妙に感心したものだった。広告もたまにはタメになるという話。ゴメン、ただそれだけなんですけど。

あ"ー。
山手線の中で、ガラガラとけたたましい音がする。床に何か硬いものを引きずるような。何かと思って振り向けば、木靴を履いて歩いているバカがいる。しかもオランダ人並みのヘヴィーなやつだ。偏屈先生は昨年本場オランダで木靴を作る作業を見学してきたのだが、いくらオランダといえど湿っている地面の上を歩く以外に木靴を必要とするシチュエーションはない。しかも、オランダのそれはフィット感を考慮して(?)割と薄く軽く、しかもちゃんと塗装まで施して作ってあるのだが、東京のそれは「お前、いま丸太をくりぬいて来たんとちゃうか?」と言わんばかりの荒削りな仕様。まるで一刀彫の木造である。
結論。日本には木靴は合わない。だって、オランダで木靴が発達したのはぬかるみが多くて、革靴では不都合が多かったからだが、日本、特に東京なんてぬかるみなんぞありゃしない。あ、東新橋ならいいかも。別の意味で「ぬかるみ」だし(笑)。
そこで芭蕉に倣って一句。「○ィーダ○リュ、どこまで続くぬかるみぞ」。季語がない(笑)。

なぜミニPC?
HPとかAcerとかASUSとかから、いわゆるミニPCが百花繚乱の如く発売されており、すごく好調なのだとか。富士通も追随するらしいし。
特徴は安いことだ。59,800円~79,800円くらいで、そこそこの最新スペックが手に入るのは確かに画期的だ。しかも、ワイヤレスLANとかの通信機能も充実しているので、セカンドPCとして最適だ……本当かよ?
先生的には大いに疑問だ。だって、PanasonicのLet's noteのRシリーズと比べれば一目瞭然。これらのPCは「重い、大きい、駆動時間が短い」んですよ! 画面サイズがせいぜい8インチ台なのに、本体サイズはPanasonicとほぼ同じくらい。しかも、重い! HPなんか200グラムも重い! さらに、駆動時間が極端に短い。Panasonicの1/3くらいでしかない。なんでこれがもてはやされるのか、さっぱりわかりません。みんな、知らないのか?
そりゃ値段はミニPCの方が全然安いです。だったら、中古を買えばいいんです。現在のR7じゃなくて、R3かR4くらいならミニPCと同じくらいの値段ですし、画面も10.4インチと遙かにデカイ。まあ、CPUは古いし、HDDの容量も少ないけど、許容範囲ですよ。タイピングだって、絶対にこっちの方がやりやすいはず。
あ、先生のR3を中古で高く買えとか、そんな意味じゃないですからね。でも、誰か高く買ってくれるとうれしいですけど。

『Dream Fighter』。ドリームファイターですよ。どりぃむふぁいたぁ。
え、何がって? 11月19日に発売されるPerfumeの新譜(シングル)です。
『love the world』のときもダサイな、と思いましたが、今度はもう笑うしかありません。モー娘。とかが歌いそうなタイトルです。これで紅白に出るのでしょうか?
う~ん、どうでしょう。まだ曲を聴いていないので何とも言えませんが、はずしそうな気がしますけどねぇ。

そういえば、今年はコスモスも曼珠沙華もまともに見ていないな。
旅行にも行ってないし。
秋が実感できてねぇ。

P.S.中山元大臣の失言問題ね。ありゃ、言ってることに問題があるっていうより、言い方だよね。もしも「確信犯」なら辞めないで主張し通せばいいのだし、そもそもタイミングが悪い。まあ、頑張ってもらいたいです。自民党に投票しないけど。

|

« 大本彩乃さんの20歳の誕生日によせて | トップページ | 狭小社会からの脱却(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/42630890

この記事へのトラックバック一覧です: 秋に想ふ:

« 大本彩乃さんの20歳の誕生日によせて | トップページ | 狭小社会からの脱却(笑) »