« Perfume First Tour DVD『GAME』Review | トップページ | Perfumeの世間的評価について »

2008年10月17日 (金)

流行ってるの?

世の中奇特な人がいるもので。
1ヵ月くらい前から、世界中のいろいろな方が、このDating タチアナGさんを先生に紹介してくださいます。
タチアナGさんは、よほどお友だちが多いのでしょうね。

ところで、彼女のプロフィール(らしきもの)を見ると、どうも年齢の計算が間違っているような気がします。それとも、偏屈先生が数学に弱いせいなのでしょうか。
にしても、ボディタイプがCuddlyって……どういう身体なんだよ(笑)。

話は変わって、昨日のPerfumeのDVDレビュー。先生は別に生歌が下手だから彼女たちに見る価値がないとは全然思っていません。
Perfume自身も、自分たちのことを歌手だなんて一言も言ってないですもん。
先生は、彼女たちはパフォーマーだと思ってます。The Perfomance of Perfume is best……ほら、洒落になってるでしょ?
Perfumeって、「見る」アイドルなんです。もちろん良い意味で。
「聞く」じゃなくて「見る」。今までのアイドルだってそうじゃん……ではありません。一般アーティストが生の声でドラマを作り、聞き手もある意味その刹那性に心を揺り動かすならば、Perfumeは「生のパフォーマンス」でドラマを作り、観客の心を揺さぶるんです。すっごく現代っぽい存在じゃないですか。だから、彼女たちの魅力はニコ動とかYouTubeで伝播していくんですよ。
というわけで、「アーティストはかくあるべし」とか「歌とは心を込めて熱唱してなんぼ……」とか、既成概念からはずれられない人には受け入れられないんですね。
もうひとつ、問題があるとすれば、メジャーになりにくい存在だと。「見る」アイドルは、会場が狭ければ狭いほど、フィジカルなバイブレーションが伝わると思うのです。だから、Zepp Tokyoとか横浜BLITZとか、3,000人クラスの箱がある意味限界かもしれません。それ以上になっちゃうと、仕草のdetailが全然わからないし、後ろの観客は踊ることもできなくなりますから。
そういう意味で、武道館はすごい試練です。
果たして、あの大きな箱で、彼女たちの魅力をどう伝えるのか。演出が見物ですよ。

|

« Perfume First Tour DVD『GAME』Review | トップページ | Perfumeの世間的評価について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/42818483

この記事へのトラックバック一覧です: 流行ってるの?:

« Perfume First Tour DVD『GAME』Review | トップページ | Perfumeの世間的評価について »