« ちょっと訂正など。 | トップページ | 武道館その後、など。 »

2008年11月10日 (月)

終戦。

巨人ファンにとっては後味の悪い日本シリーズになりました。
勝敗は時の運と申しますし、負けたことに云々を言うつもりはありませんが、「防げた敗戦」であることは、来年の糧にしなくちゃいけません。

この試合でバッテリーは決定的なミスを3つ犯しました。
1.5イニングに明らかにホームラン狙いに来ている代打ボカチカに、注文通りに打てる球を投げてしまった
2.8イニングの第一打者、しかももっとも出してはいけない選手に、いきなりデッドボールを与えてしまった
3.同イニングに、同点後にホームランを恐れて中村を歩かせ、絶対に打ち取るはずだった次の打者に四球を与えてしまった

ここで問題なのは、3.の結果については……つまり決勝点を与えてしまったことについては、絶対に未然に防ぐことができたはずなのです。

ポイントは、越智をどこで見切るかだったと思います。
越智はこの試合まではMVPとはいかずとも優秀選手賞を取れるほどの活躍を見せていた。しかも、前のイニングでは自ら招いたピンチを力で収束させていた。さらに、西武の打線が右が並んでいたため左の山口を出せなかった……というような理由があり、交代させることができなかった、という状況だったんですね。

ただし、あくまで結果論で言うならば、同点にされた時点で替える選択はあったと思うのです。
では、誰に替えるか?
前日投げた球に力のある東野でもいいし、ちょっと危なっかしいが豊田だっていた……でも、本来ならば、上原を用意するべきだったと思うのですよ。
上原はこのシリーズ結果を出していない。しかし、昨年も先発よりもリリーフで成功していることを考えれば、名誉挽回のチャンスをここで与えるべきではなかったのかと。
西武がなりふり構わず西口→石井→涌井と形を捨てて挑んできているのに対し、巨人は今年の形にこだわったんですね。
まあ、あくまでこれは結果論で、将来的なことを考えれば、ここで来年はいない上原よりも若手に任せたことは間違っていないのかもしれません。それは、未来が決めてくれることですしね。

もうひとつ。これも結果論ですが、正捕手不在はやはりハンディキャップだったと思いますし、パリーグの方がCSの日程が早く、セリーグのCSをじっくり研究できるとか(実際すごく研究されてましたし)、何となく釈然としない面もありました。
でもまあ終わったことですし、巨人の若手はこれでうつむかずに、成長していってもらいたいものです。

あ、Perfumeネタ。

『Dream Fighter』PVのモチーフはドラゴンボールらしいですよ(笑)。

|

« ちょっと訂正など。 | トップページ | 武道館その後、など。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/43068236

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦。:

» Free Adult Friend Finder [Free Adult Friend Finder]
Interesting topic! I really enjoyed your discussion points and plan to share your blog with my friends! I didn't quite agree with everything but I do like to see other peoples points of view. If you want to learn how to get 100% free access to Adult... [続きを読む]

受信: 2008年11月20日 (木) 17時20分

« ちょっと訂正など。 | トップページ | 武道館その後、など。 »