« 脱イロもの宣言~『⊿』 Review-3 | トップページ | 8月の終わりに想ふ »

2009年8月24日 (月)

CHANGE IS NOT SO EASY

衆議院選挙の投票日まで、残り一週間を切ってしまった。
印象的にはすごく静かな選挙で、うちの町が候補者から見放されているのか、誰も遊説に来ないし、選挙カーの音もしない。まあ、偏屈先生がいない平日の昼間にはガンガン来ているのかもしれないが。
今日、朝の駅前でやっと某候補者(元総理の令息……3代目)陣営からやっとビラをいただいたのだが、本人は顔を見せてくれなかった。顔を見せてくれたら投票してやってもいいかなと思っていたが、残念でした。

各マスコミの投票前予測によると、民主党は300議席超の大勝、自民党はその半分以下の大惨敗ということで、めでたく政権交代という結果になるのだそうだ。
もし本当にそうだとしたら、非常に情けないことである。いや、自民が負けるとかいう意味ではなくて。つまり、日本人の政治意識の低さと主体性の無さが問題なのだな。

正直言って、自民党は自滅しているのであって、民主党が特段優れたマニフェストを持っているわけではなく、ましてや何か大きな実績をあげているわけでもないのだ。
例の無駄を無くせば財源が確保できるという理屈は、この国を実質支配している官僚体制を壊して初めて言えることである。それが仮にできたとして、果たして何年後のこと?
それまで、国債は発行しません、消費税は上げませんという「耳障りのいい言葉」をいつまで続けられるのだろうか?
もうひとつ、大企業からうんと税金を取って、中小企業や庶民の暮らしを守るという話。そうなればすごく嬉しいけれど、日本の財源(税金関係)の7割は後者からのものであり、その多くが大企業の傘下にあるという構造はどう理解されているのだろうか。
大企業を圧迫→下請け中小企業や関連企業の業績や雇用を圧迫→産業構造の破壊の連鎖は断ち切れるのだろうか。つまり、大企業から金をふんだくると言うのは易いが、それを行うためのもっと大きな視点はあるのか、ということだ。あればいいのだけれどね。

それより気になるのは、冒頭で書いた日本国民の主体性の無さですよ。
だって、比例代表ならともかく、小選挙区でことごとく民主党が勝つというのはどういうこと? 変化を期待しているのかもしれないが、あなたたちが自らの手で選んだ前職議員の4年間の活動をいったいどのように評価しているのだ? っていうか、全然個人を見ていないだろう。つまり、個人の政策感や人物、実績、行動力などをきちんと見て、評価して投票してないってことだよな。政党の名前やそのときの空気で投票用紙に名前を書いているってことでしょ? もし、政党(それは一番大きな決定要素だと思うけど)だけでなく、少なくとも人となりを見ていれば、海の者とも山の者ともつかない新人候補者に、「民主党だから」という理由だけで投票するのは愚の骨頂だということもわかると思うのだが(換言すれば、別に若年の新人であろうが、きちんと評価できるならOKってこと。何とかチルドレンみたいなのはNG)。

言っておくけど、別に先生は自民党員ではないし、自民党が潰れようがどうなろうが知ったこっちゃない。しかし、最終的には我々国民は、「自分の代弁者」として最適な人物を選ぶ権利と義務があると思うのだ。個々が人を見、政策を見、実行力を見、その結果として候補者を選ぶべきであって、「寄らば大樹の陰」的発想でマジョリティたらんとすれば、結局は何も変わらないってこと。投票して、あとは知りませんではなく、自分の投票した人物なり政党をきちんと評価していく責任もあるのだよ、我々には。この国を、そして自分の暮らしを守るのは、最終的には自分の責任であり、権利なのだ。民主主義って、そういうものではないの?
結局、そういう発想で民主党が政権党として選ばれたとしても、器が自民から民主に移っただけのこと。言っておくけど、民主は革新党ではなく、根っ子は自民党と同じだってことを忘れちゃいけないと思うわけですよ。
本当の国益とは何か? 自分たちの暮らしを守るというのはどういうことか? 有権者はそれを自分なりに考えて、投票してほしい。

もし、本当に政治を変えたいと思うなら、まず変わるべきは政党ではなくて自分自身かもしれない。
ただ、それだけ。

P.S.麻生政権の目玉のひとつに、いわゆる「国営マンガ喫茶」と揶揄される文化保護政策があった。あれは、形を変えても続けてほしい。別に何百億円もかけて大きな箱を作らなくてもいいから、モノを作る、創作をする人間に、ちゃんとメシが食えるようにしてほしい。マンガだアニメだとバカにするなよ。歌舞伎だって、できた当初は河原乞食が演るもので、バカにされていたのだぞ。相撲だってそうだ。要は、どう育てるかだろう? 権威化させてはいけないと思うが、今、日本が世界に誇れるものが何なのか、きちんと判断してほしい。
偏見は止めろ!

|

« 脱イロもの宣言~『⊿』 Review-3 | トップページ | 8月の終わりに想ふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/46015254

この記事へのトラックバック一覧です: CHANGE IS NOT SO EASY:

« 脱イロもの宣言~『⊿』 Review-3 | トップページ | 8月の終わりに想ふ »