« いま巨人が3勝2敗なわけだが | トップページ | 嗚呼横浜BLITZの夜は更けて »

2010年3月10日 (水)

日本経済発展に寄与してまいりました。

明けましておめでとうございます。
……などと書くと気が狂ったと思われるかもしれないが、実際、2010年の一発目のブログなので仕方がない。

別に書くことがなかったわけじゃない。
ただ、書いたとしても……嫌なことがありすぎて……「死ね」とか「ぶっ殺す」とか「道連れにしてやる」みたいな言葉しか出てこないのはわかりきっていたし、まあ、要するに穏やかで楽しいことを書ける心境じゃなかったってことですよ。

でもこの数ヵ月間、別に何もしなかったわけでもない。
これを入力しているPCだって、気づいたらVAIO type P→mbook M1→NEC VersaPro J VS-7→LOOX U/90Nと変遷しているのである。
しかも、いつもは前のマシンを売って次を買うのであるが……実は全部気に入っていて、何も手放してはいないのである。
VAIOはHDDをSSDに換装しOSもXPに落としちゃったし、M1もLinuxをXPに換えたし、NECはすごく良いマシンだし、みんな可愛いのである。
しかし、財布にはきつい。会社に持っていくために、どうしてもACアダプタが二つ以上必要になるが、メーカーの思惑にはまってクソ高い純正品を買いたくないので、アキバ中ジャンクを探し回ったりヤフオクを一日中睨んでいたりして、少しでも倹約して……とかね。ああ、なんと苦しくかつ楽しい作業であろう!
思い起こせば、この手のminiマシンを一体何台買ったのだろうか? VAIOは少なくとも5台(うろ覚えのtypeで言うとC1、U1、U3、U101、U50、U90)、FujitsuのLOOXは今のやつの前に2台、東芝はDynaBookの初代も含めて2台、工人舎が3台、その他にもHPとかInterLinkとかウィルコムとか、SHARPのLinux ZAURUS2台とか、NECのSigmarionやモバイルギアとか、もう滅茶苦茶だ。おお、忘れちゃいけないのがPanasonicのLet's note R1/R3/R4/R5/R6。なんと、5台も持っていたとは……自分でも信じられない(笑)。
ある意味、今使っているLOOXは最高のバランスを持ったminiマシンだ(「小さいPC」という意味なら圧倒的にPanasonic!)。
ただ弱点はある。Windows 7が使いづらいこと、ディスプレイが小さい(枠に余白はたっぷり!)ことなどなど。最悪なのは高いこと! もし、mbookのM2そのもののONKYO SOTECのBシリーズのディスプレイが、せめてM1より大きければ、絶対にそれを買ったのだが。

う~ん、なんという無駄遣いの遍歴!

いや、こんなことを書くつもりじゃなかったのだが。
明日は、またパ嬢のことを書きますので。乞うご期待。

ヒント。「ナチュラルに恋して」……すでに聞きました。ダンスも見ました、横浜で。いや~、今までの中で最悪だと思いますよ、正直。

|

« いま巨人が3勝2敗なわけだが | トップページ | 嗚呼横浜BLITZの夜は更けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/47771042

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済発展に寄与してまいりました。:

« いま巨人が3勝2敗なわけだが | トップページ | 嗚呼横浜BLITZの夜は更けて »