« ちょっと言い訳。 | トップページ | まあ、日本がPK戦で負けたわけだが »

2010年6月28日 (月)

勝てば官軍

今日は2010年6月28日。もう何のことかおわかりでしょう。

そう、明日はW杯の決勝リーグの第1戦です。

はっきり言って、予想もはずれましたし、もともとあまり興味もないので、勝敗がどうなろうと知ったこっちゃない。ただ、何でもある日本と違って、サッカーしかない国の希望を奪うのはどうかとも思うけどね。まあ、普通にやっても負けるような気がするんで、勝ちを譲るような真似は無用だけど。

それよりも、予選リーグを突破した途端、マスコミの態度が豹変したのにはまいったね。ある程度は予想してはいたんだけど、ここまで露骨だとどうなんですかねぇ。

偏屈先生はあえて言うけど、岡田監督は愚将だと思う。予選で勝てたのは、ひたすら運が良かったから。

1.普段FWでもない人間をワントップで置いたのは、単に守備を厚くしたかったからで、そいつが点を取ってくれて超ラッキー

2.カメルーンが内紛でチーム状況が最悪だった。もし、カメルーンの初戦が日本戦でなくて第3戦辺りだったら、勝てただろうか?

3.対戦国がすべてを日本をなめきってくれていた。もし直前の練習試合で好成績だったら、逆の結果になっていたはず

4.対戦国に故障者が多く、フィジカルに本調子ではなかった。カメルーン然り、デンマーク然りね

5.得点は基本的にすべて個人技。監督が考えていたフォーメーションなり流れではなくて、単なる結果論で得点しただけ

以上。最後の項目は異論があるかもな。最初の松井→本田の流れは練習の賜物じゃないかと。いや、そんなこたぁないよ。あれは絶対にまぐれ。もしくは松井と本多の才能。

「岡ちゃんゴメン」とか、「私はやると思っていた」……なんてコメントはよせよな。戦前は90%以上の国民が3戦全敗だと思っていたし、FIFAのランキング通りの調子だったじゃないか。そう思って自然なのだよ。それを跳ね返したのは素晴らしいと思う(特にGKとディフェンスラインはもっと評価されてもいい)が、だからといって結果論で自説をまげてもらいたくないね。偏屈先生はこれが日本の実力だとは思っていないし、そういう馬鹿マスコミの節操の無さが、またサッカーを冬の時代に引き戻しかねないんだぞ。W杯は結果がすべてだという馬鹿もいるが、結果というものは生まれるものではなく、意志を持って生むものなのだ。結果オーライ主義が、(大きく言えば)現在の日本をダメにしている根本原因だと思うのだが。

話がいきなり飛躍して、自分でもびっくりしたのだが、まあ、言いたいことはこういうことだ。「ダメなやつは結果を出してもダメ。それは冷静に判断すべきで、時代の尻馬に乗って、節操のない記事を書くマスコミは皆死んでしまえ!」

以上である。

|

« ちょっと言い訳。 | トップページ | まあ、日本がPK戦で負けたわけだが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/48743553

この記事へのトラックバック一覧です: 勝てば官軍:

« ちょっと言い訳。 | トップページ | まあ、日本がPK戦で負けたわけだが »