« あ、データが消えた、 | トップページ | うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-2 »

2010年10月12日 (火)

うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-1

全地球5億人のPerfumeファンの皆さん、こんにちは。

来る11月3日のチケットがまだ届かないので、ちょっとイラついている偏屈先生です。まあ、イラついていても仕方がないので、ドームコンサートに参戦される予定のビギナーファンのために、ドームでパフォーマンスが行われるであろう曲を予想し、その見所なんぞを書いていきたいと思います。

ということで、メジャーデビュー以来の主要曲を紹介していきましょう。まずは、シングルカットされたナンバーから。基本的に発表順になっています。えーと、タイトルにも書いた通り、完全うろ覚えなので、もしかしたら全然事実と異なるかもしれませんが、そこはご容赦願います。

1. リニアモーターガール
【ドーム採用確率】10%
【ファンの思い入れ度】10%
【Most Impressive Video】 http://www.youtube.com/watch?v=gkdFLNzVZsg&feature=related
Perfumeの長い歴史の中で、『アキハバラブ』と並んで黒歴史になりつつある悲劇のデビュー曲。衣装と世界観のコンセプトはフィフスエレメントなのに、歌は「リニアモーターガー」しか聞こえないし、現在からは考えられない「いちにとさん、はい」みたいな台詞が不思議なナンバー。あ~ちゃんをして、「歌詞の意味がわからない」と嘆かせた張本人は中田ヤスタカではなく、作詞家の木の子。メンバーからのブーイングのせいか、次作からはシングルA面の作詞を降ろされることに。
Perfumeのデビュー曲という事実を考えなければそれなりに面白い曲で、ベースラインもユニークで良い音を出している。が、如何せん世界観が現状と合わないので、コンサートで採り上げられることはまずない。先生の知っている限りでは、代々木のコンサートの際に、YOYOGI Mixの中で断片が聞けたくらい。Perfume自身のメディア露出が全然無かったこともあって、この曲で踊っているところを見たことがない。唯一の例外は『Perfume Fan Service bitter』の公式映像だろう。
普通に考えれば、この曲が完全版でドームで流されることは、まず100%あり得ないのではないだろうか。

2. ファンデーション
【ドーム採用確率】20%
【ファンの思い入れ度】15%
【Most Impressive Video】 http://www.youtube.com/watch?v=nQnBdwQi2cU

3. コンピュータードライビング
【ドーム採用確率】20%
【ファンの思い入れ度】25%
【Most Impressive Video】 http://www.youtube.com/watch?v=f_5fYPUHN-8&feature=related
両方とも作曲は中田P、作詞は木の子。ビデオは、2がGAME Tourのときのもので、3はPSPSで有名な「高島屋」仕様の衣装のLIVE(たぶん2007年1月のGirl's BOX)から。
B面扱いなのに、なぜかA面の『リニアモーターガール』よりもパフォーマンス頻度が高い。当然、ファンの思い入れ度も高い。特に3はファンが多いので、ドームでもやる可能性は大いにある。ただ、ファンもあ~ちゃんの「揺れて~!」の声に合わせて、ハンドルを持った姿勢で大きく左右に揺れなければいけないので、アリーナはともかく、2階席・3階席ではスペース的に苦しいかもしれない。その辺がカギか?

まあ、今日はこんなところで許してください。次回は、エレワです。

|

« あ、データが消えた、 | トップページ | うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/49727237

この記事へのトラックバック一覧です: うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-1:

« あ、データが消えた、 | トップページ | うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-2 »