« うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-9 | トップページ | うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-最終回? »

2010年10月29日 (金)

うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-10

うわ、もう本当に時間がない!
もう会社で書くしかないですな……いや、お昼休み書いてるんですから。さぼってるわけじゃないですよ。

2009年は前回の『ワンルーム・ディスコ』で打ち止め。何とシングルが1枚しか出てません。とは言え、別に話題が無かったわけでもなく、アルバム『⊿』が出ましたし、シングルにはなりませんでしたが、『Night Flight』とか『I still love U』とかの話題作も豊富でした。

で、明けて2010年。この辺からはいくらビギナーだって知ってるでしょう。という訳で、「名前くらいは知っている」という前提で、はしょっていきますぜ、旦那。

1. 不自然なガール
【ドーム採用確率】100%
【ファンの思い入れ度】50%
【Most Impressive Video】http://www.youtube.com/watch?v=y13poaezWDI

怒濤の2010年の第一発目、4月のリリースです。
この曲、実はギリギリまでタイトルが出てなかったんですよね。次に紹介する「ナチュ恋」がNBBのタイアップで、かなり早くから露出していたため、誰もがそっちをシングルA面だと思い込んでいたら、この曲が隠し玉であったと。
そういう意味では、かなりインパクトがありました。
この頃から、中田Pの曲の作り方がかなりシンプルになってきているような気がするのですよ。シンプルと言えば聞こえが良いが、実際はワンパターンに近いし、展開の工夫もあまりない。でも、ビートだけは強烈だぞ、と。
そう言ってしまうと、何か駄曲に聞こえてしまうかもしれませんが、実はシングルとしては佳作だと思います。でも、傑作、名作ではないですね。
かしゆかのファンは、最後のあぶなっかしいソロで胸キュンかも。

オリコンでは週間で最高2位です。最近、お隣の国の美脚戦隊がオリコン1位になったとか大騒ぎしておりますが、まあ、日本ではAvexが後ろ盾ですしね。しかも、1位と言ったってデイリーですから。ウィークリーでは2位なんで。それを日本のマスコミは「1位だ、1位だ」と祭り上げていますが……何かおかしいですよ。Perfumeなんか、デイリーで1位と威張れるのなら、ltw以降は全部1位ですもん。でも何も言わないでしょ……まあいいや。国策なんでしょ、国策。はいはい。

ビデオはTJCの公式ページです。それにしても、関さんて映像下手ですよね。もっと良い絵が撮れるだろうに。児玉さんを見習ってほしいですよ、本当に。
とは言えこのビデオ、良いところもいっぱいあります。のっちの困り顔・泣き顔がすごい迫真の演技ですし(え、デフォルト?)、最後のヴォーギングも楽しいですし。偏屈先生的にはお気に入りなんですが。にしても、出だしのあ~ちゃんの顔って、田舎のOLみたいじゃないですか。関さん……(いや、あ~ちゃんを馬鹿にしているわけではなく。『ねぇ』のビデオを見たら、誰だってそう思いますもん)。

東京ドームでは演るでしょ、絶対。だって、自分らのビッグコンサートで、まだ1回も演ってないですもん。もしかしたら、オープニングってのもあるかもしれませんよ。

2. ナチュラルに恋して
【ドーム採用確率】100%
【ファンの思い入れ度】60%
【Most Impressive Video】http://www.youtube.com/watch?v=edyARJq9sgM&feature=channel

ビデオは、こちらもTJCの公式なんですけど……へぇ、600万再生を超えているんですね。
上で書いたように、こちらはNBBのタイアップ曲で、露出も早かったため、誰もがこれがニューシングルのA面だと思ってました。
そのため、結構侃々諤々の議論はありましたね。「Perfumeっぽくない」とか「音が薄い」とか「テクノじゃないじゃん」とか。偏屈先生も、ちょっと弱いなとは思います。でも、これはこれで佳作ですよ(やはり名曲ではないと思います)。
モータウンっぽいところもあり、ジャイケルマクソンみたいな「ホーッ!」も入るし、ステップも今までとは違ってリズミカルだし。新しいPerfumeが見られます。
しかし、それにしても、上の『不自然なガール』とこれを比べてしまうと、女性を美しく撮るテクニックって大切なんだなぁと痛感しますね。このビデオ監督の児玉さんは、シクシクや今度の『ねぇ』を撮った方ですが、やはり映像の専門家だけあって、Perfumeが異様にキレイに見えます。ビデオ自体もアイデアが面白くて、つい最後まで見てしまう感じですね。

ちなみに、偏屈先生はこのダンスを一般人で初めて見た一人なんですが(つまり、ファンクラブトゥワーの初日に横浜で観ていたわけ)、すごくステップが楽しそうに見えたのを覚えています。まあ、同時に楽曲の盛り上がりの無さにもびっくりしたんですが。

東京ドームでも演るでしょうね、そりゃ。まあ、タイアップ曲なんで、いきなりオープニングに持ってくることはないでしょうけど。

3. VOICE
【ドーム採用確率】100%
【ファンの思い入れ度】80%
【Most Impressive Video】http://www.youtube.com/watch?v=18grnTXq7mc&feature=channel

もう、現時点の最新曲まで行っちゃいますよ!
この曲は、『575』とのカップリングで8月にリリースされたものです。中華風の曲調、ぴょんぴょんダンスで結構話題になりましたね。オリコンでは週間2位が最高なんですが、でも初動の売上では今までで一番多かったとか。まあ、セールス的にも成功なのではないかと。
しかし、Perfumeって(というかアミューズ&TJCって)絶対にタイアップ曲をA面にしないですね……それは、次の『575』のことなんですが。

上の『不自然なガール』が、まだ単独ライブで採り上げられていなくらいですから、この曲のオリジナルLIVEビデオが現時点であるわきゃない。でも、細かいTV出演時のものは2分半くらいの尺で沢山ありますんで、YouTubeでも探してみてください。しかし、TVを見ていていつも思うことは、Perfumeの曲って尺を短くするとつまらないということですね。やはり、コンサートでフルで聴かないとダメなんですよ。その辺が中田Pの頑固なところでして。

2010年のシングルの共通の特徴として、この曲もソロで歌う場面がほとんどないです。全員で踊り、かつ歌うという感じ。あるアメリカ人が、YouTubeで『edge』のLIVEを見ていたら、その母親が「何これ、どこかの原住民の踊り?」と言ったとかで、大笑いになったらしいんですけど、これもそんな感じですね。Perfumeを知らない欧州人が見たら、絶対に中国のグループと思うはず。

しかし、このビデオもひどいですよね。時間と予算が無かったのでしょうか……メンバーは「あえてアナログチックに作ってもらった」と言ってますけど、スタジオにセットをおっ立てただけの画面や、会議室のホワイトボードにしか見えない仕掛けはどうにかしてくださいよ、本当に。あれじゃ、アナログ+絵本の世界ではなく、単なる学芸会じゃないですか。
偏屈先生は、曲としては大好きなんですけど、あのPVは無いと思いますよ。
あんなレベルだから、こんなビデオを作られちゃうんです。
http://www.youtube.com/watch?v=LG6VSlELO5A
でも、偏屈先生は、これ大好きです(笑)。

あ、東京ドーム? そりゃ演るでしょ。オープニング確率は60%と見た!

4. 575
【ドーム採用確率】?%
【ファンの思い入れ度】90%
【Most Impressive Video】なし

ご存知、KDDIのCMソングですね。
この曲でPerfumeのファンになった人もいるのではないでしょうか。

これについては、最近さんざん書いたので何も言いません。久々の名曲です。ラップがどうのこうの言ってる人もいますが、あれはラップというより、そういうメロディの歌なんだと思うべきでしょう。
とにかく、Perfume史に特筆すべきナンバーです。

当然ですが、iidaのCM以外に映像はありません。素人さんが作るたびに、TJCが片っ端から消してますし。Mixものが若干YouTubeにあるくらいですかね。

問題は、これを東京ドームで演るか、ですよ。
偏屈先生の予想では、この曲専用のビデオを作って、着替え時に流すんじゃないかと。または着替え後の一発目かアンコールのトップに持ってくるか。もしくは演らないか。
いやぁ、どんな形でもいいですから、ぜひ演ってほしいですよね。

5. ねぇ
【ドーム採用確率】100%
【ファンの思い入れ度】90%
【Most Impressive Video】http://www.youtube.com/watch?v=tcnTOwZj7D0

断言しますが、これは絶対に東京ドームで演ります。
これを演るからには、ドームの中央に特設舞台を円形(か六角形か八角形)で作るはず。
妄想は膨らむよどこまでも。

ビデオは1分47秒しかない公式です。
この後が凄いんだけどな……。まあ、ドームに行く人は、当日見られるからいいじゃないですか。楽しみ(ウフッ)。ちなみに、発売は11月10日です。

6. FAKE IT
【ドーム採用確率】?%
【ファンの思い入れ度】?%
【Most Impressive Video】あるわきゃないだろうよ。

ファンの中には、これが『edge』みたいな曲で、東京ドームで解禁されると思い込んでいる人がいますが、それはどうですかねぇ。
まあ、結構ハードな曲だと思います。いわゆる「歌もの」ではなく、ダンスメインになるという噂も、当たらずと言えども遠からじというところでしょうか。
でも、この曲はシングルにカラオケバージョンも入ってますんで、「歌」があることは間違いありません。となると、期待しすぎると中田Pのことだから……ねぇ。

東京ドームで初お目見えってのもどうですかねぇ。『ねぇ』だけでも相当精神的なプレッシャーだと思いますし。あまりお嬢さん方に重圧は掛けたくないですよね。
でも……見たいかも。

|

« うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-9 | トップページ | うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-最終回? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/49877497

この記事へのトラックバック一覧です: うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-10:

« うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-9 | トップページ | うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-最終回? »