« うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-7 | トップページ | うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-9 »

2010年10月28日 (木)

うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-8

日数が足りません。
眠いのを我慢して書き続けるしかありません。いきおい、仕事は雑になります。
こういうのを大阪仕事というらしいです。

で、2008年は武道館コンサートのあった年。この永年の「願い」に合わせてリリースされたのが、今回の作品です。

1. Dream Fighter
【ドーム採用確率】100%
【ファンの思い入れ度】100%
【Most Impressive Video】けっこうあります。
その1:http://www.youtube.com/watch?v=eWKUDFGzBbE(公式)
その2:http://www.youtube.com/watch?v=2BRh3oBDwbs (Music Fair版)
その3:http://www.youtube.com/watch?v=DgSsnHqnbfA(武道館版)

上にも書いてありますが、これって多分武道館の盛り上げ用にアミューズから中田Pに注文がいって作られたものだと思うんですよね。
Perfumeにしては珍しく熱唱系の歌ですし、歌詞は「応援ソング」とか言われますが、よく読めばPerfume自身のことを歌った曲ともとれますし。とにかく、異例の出来です。
そういうこともあり、偏屈先生はまたも低評価を下していたんですねぇ~。曰く「普通すぎる」と。
確かに、Perfumeらしからぬストレートさ。「これってテクノ?」と思えるほどのポップロック的テイスト……でしょ? そんなこんなで、オリコンの1位にはなれませんでしたが、今ではPerfumeになくてはならぬナンバーになっております。なんたって、今年のファンクラブトゥワーでもセットリストに入っていたくらいです(5曲くらいしか演らないんですから)。

そういうテイストのせいか、何故か海外で大人気です。Last.fmではリクエスト数でPerfume中ダントツの1位。突っ走り感が外人には心地よく聞こえるのかもしれません。

ダンスは凄いですよ、これ。公式PVは、『コンピューターシティ』の現代版をイメージして作られたものですが、2009年度の「MVA BEST CHOREOGRAPHY VIDEO(振り付け、ダンス面で最も優れた作品) 」を受賞しております。もちろん、MIKIKO先生の作品です。
このカラシ色の衣装は、露出した当時は「チベット支援」だとか「DRAGON BALLのイメージだ(確かに水晶の玉が出てきます)」とか勝手なことを言われていましたが、なんと既製品の組み合わせだそうで。道理で3人とも微妙に色が違うわけですよ。かしゆかの超ロングブーツもカラシ色なんですけど、こんなもの、いったいどこで売っているのでしょうか?

そんなダンスのレベルの高さがわかるのが、その2のビデオです。Music FairでのLIVEなんですが、このクォリティは凄い。しかも、この時は皆さんちゃんと歌ってます。ヘッドフォンで聴くと、細かな息づかいまでよくわかりますぞ。
その3は武道館ですが、この曲のPVを映して、その前で踊っているんですね。つまり、後ろの映像と前の実際のダンスがシンクロしたりするんですよ。それはそれは不思議な体験でしたね。
この他、のっちが太もも+ロングブーツで頑張っているライブ映像もあります。しかしまあ、みんなカッコいいんですよ、これ。

外人さんが好きと上に書きましたが、今では偏屈先生も大好きなナンバー。絶対にドームでも演ります! 自信を持って断言します。

2. 願い
【ドーム採用確率】90%
【ファンの思い入れ度】70%
【Most Impressive Video】とりあえず。
その1:http://www.youtube.com/watch?v=qRt2fkSAXgI(代々木)
その2:http://www.youtube.com/watch?v=aXhq1xuwsqw(⊿ツアー)

結論から言えば、多分ドームでも採用されます。当然ラストナンバーとして。
しかも、この歌、Danceがなくて生歌! すっごく画期的かもしれません。
横浜アリーナからは⊿-mixに変更され、化粧(音)が「やりすぎじゃないの?」と言いたくなるくらい厚くなりました。いつも、この歌を歌うときはのっちが涙目になるんです。大人のムードで、いいですねぇ。偏屈先生も年には勝てないね。

初めて聴いたときは、ユーミンの歌かと思いました。声もほとんど加工されてませんし、メロディも歌詞も素直なんで、一瞬、路線を変えたのかと思ったくらい。まあ、だからこそ生で歌えるんですけど。
歌詞は中田Pの乙女路線。偏屈先生は、この人は少女マンガを読みながら歌詞を書いているような気がしてなりません。それほど、乙女チックな歌詞が多いんですよね。もしくは、本当にオ●マなのかも……いや、冗談ですが。

ビデオは、その1が代々木、その2が⊿ツアーの横アリの最終日です。どうも、中田Pはこの代々木の『願い』を直に見て、初めてこの曲が佳曲であることに気付いたらしいです(涙を流したらしい)。それで急に、アルバム『⊿』に収録する気になったとか。

いやぁ、作者も感動させる『願い』って、本当に良い曲ですね。ハイ、サヨナラサヨナラサヨナラ。

|

« うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-7 | トップページ | うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/49865440

この記事へのトラックバック一覧です: うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-8 :

« うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-7 | トップページ | うろ覚えPerfume東京ドーム参戦ガイド-9 »