« Perfume東京ドームコンサートが終了しました | トップページ | 日本のCG技術は世界一ィィィィィィィィィィ! »

2010年11月 4日 (木)

東京ドームコンサート~ハイライト1

■うろ覚えセットリスト

基本的に偏屈先生の予想は大外れでした。その恨み節は後日アップしますが、とりあえず覚えている分だけ、書いておきます。

00.純白のウェディングドレス風衣装で入場→センターの三角錘のブースに入る→衣装の早替え
01.シークレットシークレット
02.不自然なガール
03.GAME
04.ワンルーム・ディスコ
MC
05.ナチュラルに恋して
06.love the world
07.I still love U
08.575 →一旦退場
ブレイク(中田Pの環境音楽→衣装替え)
09.Perfumeの掟 (ドーム用の曲)
10.VOICE
11.コンピューターシティ
12.エレクトロ・ワールド
MC
13.パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
14.Dream Fighter
P.T.Aコーナー
15.The best thing (断片のみ)
16.セラミックガール (断片のみ)
17.ラブフール (元々断片しかない)
18.ジェニーはご機嫌ななめ
19.コンピュータードライビング (断片のみ)
20.Perfume
21.チョコレイト・ディスコ
22.Puppy love
23.wonder2
EN
24.ねぇ
25.ポリリズム

前回も書きましたが、edgeもSEVENTH HEAVENもNIGHT FLIGHTもマカロニもTSPSもBcLも願いもありません。
曲数だけを書くと結構多いような気がしますが、TBTやセラミックガールなどはほんの一部を流しただけですし、Perfumeの掟とかはちゃんと独立した曲ではないので、実質的にフルで演ったナンバーは20曲もないのです(でもまあ、『Perfumeの掟』と聞いて意味がわかる人は相当古株ですね)。
これを見て気が付くのは、ハードでダンスが難しいものやお金の掛かりそうな曲を避けていること、アルバム(特に⊿)のナンバーを無視していること……ですかね。
あと、Perfumeの演奏時間が長すぎ。
全体的に、結構不満いっぱいです。

■『ねぇ』フルバージョンの実際

ドームで『ねぇ』をフルでやってくれたので、不幸にも見ることのできなかった方々のために、詳細を伝えておきましょう。
基本的にはPVのイメージ通り。
直前のMCで、あ~ちゃん曰く「アルゴリズム体操を取り入れたサビと高速ステップが売り」。実際、やってましたよ、あのステップを。しかも三回も。 ブリッジの「たったお、たおたお」の パートは全部あのステップでしたもん。それは感心しましたわ。
サビの「ねぇ、ねぇ、ねぇ、ねぇ、今日は~」のダンスはPVのまんま。当たり前だけど。でも、PVでは三人を1人ずつ撮って後で合成してますから、本当に三人でやってるのを見るのは初めてということになりますな。のっちの腕の角度がやや異なるとか、細かいところに難癖つけない限り、全然問題なし。ただ、マイクを持ってのパフォーマンスなんで、持ち替えが忙しいし、手先のニュアンスも伝わり難く、大変そうでしたわ。

■『575』初お目見え

個人的には、これが一番の収穫ですね。センターステージのくるくる回る舞台に座ったり立ったりして、生声で歌ってました。『願い』もそうだったんですが、Perfumeの場合、「踊らない曲は生で歌う」というルールがあるみたいですね。
歌いやすい曲なのかもしれませんが、まったく破綻なく歌ってました。今後も歌えそうな曲は、部分的にでも歌っていけばいいのに……と思います。ただし、ラップの部分はCDくさい感じ。あれってそんなに難しいですかね? 偏屈先生でも覚えているのに(笑)。

残りは、また後日。さあ、仕事仕事。

|

« Perfume東京ドームコンサートが終了しました | トップページ | 日本のCG技術は世界一ィィィィィィィィィィ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/49933203

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ドームコンサート~ハイライト1:

« Perfume東京ドームコンサートが終了しました | トップページ | 日本のCG技術は世界一ィィィィィィィィィィ! »