« 日ハム | トップページ | 終わりと始まり »

2011年10月28日 (金)

『スパイス』PV

あれ、本文なにも書いてないのに、勝手にアップされた?

ところで、TOKUMA JAPANのYouTubeチャンネルで『スパイス』のPVが公開されましたね。

偏屈先生は、あまり良い印象はないな。何より、食べ物を粗末に扱っちゃいけないよね。

これ、監督が関さんでも児玉さんでもないのね。サカナクションとか木村カエラ先生のPVを手掛けている島田大介さんだって。全然知らないヒトだな……。

やはり、彼女たちを美しく撮るなら児玉さんだね。この『スパイス』は何だかなぁって感じ。あ~ちゃんはいつも写真映りが悪いね。かしゆかは老けてきたか。のっちはキレイ(すみません。あくまで個人の主観ですから)。

2ちゃんねる関連のバカどもの評価だと、「どんどん劣化している」んだとか。Perfumeも中田Pも。まあ、ヒトの評価は様ざまだけど、「アイドル」って価値観から一歩も抜けられなければそう見えるかもね。

でも残念ながら……偏屈先生は少なくとも音楽的には退化はしていないと思うけどね。変化=退化みたいな短絡思考とか、「昔よりつまらなくなった」という「知ったかぶり」はやめて欲しいな。

頭固くて、一定の価値観から抜け出す勇気のないヒトは、Perfumeの作品聴かない方がいいと思うよ、ホント。

そう言いふらすヒトはきっと、誰もCD持ってないのに初動で100万枚売れるグループとか、ミニスカ履いて今誰がメンバーかわからない「マーケティング主導子どもアイドル」の作品が常に新鮮だと思ってるんだろうね。偏見かもしれないけど。もしそうなら、永遠にその沼の中でどっぷり浸かってればいいんじゃないかな。

まあ、それでもいいんですよ、本人が良ければ。ただ、そういうヒトはお願いだから安易に他人を批評しないように。本人のバカ振りが目立つだけだからね。←オマエモナー

※追記

そうそう、昨晩「日ハムは空気が読めない」って書いたら、ダルさんとかいろんなヒトがそういう意見を批判してましたね。曰く「ドラフトってそういうのが醍醐味だ」「空気を読む必要はない」とかね。そりゃそうだと思うよ。しかし、言いたいことはドラフトの有効性じゃないんだよ。じゃあ聞くが、本人の気持ちはどうなるの? 子どもの頃からの夢が今こそかなうと思った瞬間に、それが掌からスルリとすり抜けていった菅野選手の心情はどうでもいいの? 日ハムは、少なくとも礼を尽くすべきじゃなかったのかな? キチンと挨拶して、指名を表明しておけば、本人も周囲もそれなりの覚悟はできていたのでは? それをしたら指名を断られるとでも思ったわけ? もしそうなら、それこそ自分たちの行為にやましさを感じている証拠でしょ? 正々堂々やればいいじゃん。どうせ指名するんだったら、ちゃんと本人や周囲に宣言しておけばいいじゃん。そうすれば、誰もショックを受けなかったかもしれないし、ああまで周囲が感情的にならなくてすんだかもしれない。今後の交渉だってずっと上手くいったと思うよ。そういうやり方が姑息なんだよね。70㎞制限の首都高を70㎞で走ったら、本人は「法律遵守」だって言えるかもしれないけど、渋滞が起こるかもしれないじゃない? ルールの中なら何をしてもいいのかな……日本的やり方ってそうじゃないと思うんだけど……あくまで感情論だけどさ。結果はどうあれ、偏屈先生は日ハムのやり方は上手くないと思う。だから、ああ書きました。どう決着が着くのかは知らないけど、全員が納得できるやり方を取ってほしいよね。 

|

« 日ハム | トップページ | 終わりと始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/53103760

この記事へのトラックバック一覧です: 『スパイス』PV:

« 日ハム | トップページ | 終わりと始まり »