« 終わりと始まり | トップページ | 落胆の歌 »

2011年11月 2日 (水)

やはり出たか亡霊め

NEWシングルが発売されました。
で、やはり出てきましたよ「昔は良かった」亡霊が。

確かに『GAME』は凄いアルバムです。
でもあの時のPerfumeって、よく言えば企画もの、悪く言えばキワものからの脱却期だったんですよ。その「ぬえ」的な不思議なエネルギーが、あの勢いになったと思うわけです。
言わば、コンプレックスの裏返しですよ。常に主流派に対してアウェーな彼女たち、そして中田Pの「なにくそ」エネルギーの爆発だったんですね。

しかも、あの時はまだPerfumeそのものが世間に知られていなかった。『セラミックガール』だってすでにTVで流れていたにも関わらず、誰も気付いてなかったんです。だから、すべての曲が新鮮に聞こえた。まあ、確かに楽曲が素晴らしかったのですが。

にしても、自分の一番好きだった時期=最盛期と短絡的に考えるネット住人の思考はいかがなものかと。

このシングルについて、「買う価値がない」と言い切ったバカがいましたが、それは「自分にとって」と前置きを付けるべきだろうと思うのです。

現にシングルの売り上げは伸びています。伸びているから良いってもんでもないんですが、少なくともTeam Perfumeにとっては良い傾向だろうと思います。

もう一度言いますが、『GAME』の時は、「あ、ちょっと変わったグループが出てきたな~」くらいの感覚で見られていました。それを……アミューズかTJCかが画策したのだと思いますが……J-POPのど真ん中に持って行かせる戦略が進行しつつあるのだと思います。その過程では、キワモノ的要素は切り捨てられ、普遍的なものが残ります。それでも、他のグループと違う独特のムードとポジションを守るために、中田PもMIKIKO先生も相当苦労されていると思うのです。その辺の機微が伝わらんか?(河本風)

「い~や、そんな平凡なPerfumeは見たくね~」という人も数多くいるでしょう。それが先の「亡霊」の正体です。はっきり言わせてもらえば、「Perfumeのファン止めた方がいいんじゃない?」というのが偏屈先生から彼らへのアドバイスです。

もう彼女たちは後戻りできません。震災のせいもありますが、ここ半年のフェスとかで、『エレクトロワールド』をはじめとした過去の名作が、ほとんど演られていないのはその証拠です。何が何でも新しい地歩を築かなくてはならない……しかもそれは、古参が嫌う「普遍的=平凡」なアプローチで、です。

かのビートルズでさえ、『サージェントペパーズ』とか『Abbey Road』の時代でさえ、一部のファンに「過去に戻って欲しい」とか「昔の方が良かった」と言われ続けてきました。人間の感覚なんてそんなものです。自分が良かった時代=すべての人々に良かった時代と思いたいわけで。でも、実際にはそうではないかもしれないんです。

今のPerfumeが好きか嫌いか。それだけでいいんじゃないですか? 好きならファンになるし、嫌いなら離れるし。そして、一旦離れたら元カノの評判なんか気にしないで、とっとと他のグループの追っかけでもやっていればいいのでは? それなのに、色々なところで未練たっぷりの「あの頃は……」的な書き込みは止めて欲しいものです。

無理だよ。いくら愚痴ったって時代は後戻りしないんだからさぁ。

ところで、JPNの曲目が発表されましたね。ん~、『FAKE IT』が入ってないじゃないですか! こ、これは『SEVENTH HEAVEN』と同じ運命を辿るのか?

|

« 終わりと始まり | トップページ | 落胆の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/53147786

この記事へのトラックバック一覧です: やはり出たか亡霊め:

« 終わりと始まり | トップページ | 落胆の歌 »