« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

2013年末雑感(あと30分の命)

何となく毎年末にはこの話題で雑文を書いているので、今年も……仕方ねぇ……徒然なるままに認(したた)めるとしましょうか。
あっ、あと30分しかないじゃん。全然まとまってないと思いますが、ご寛恕願います。

1) 安倍総理の勇み足事件
靖国参拝は余りにも唐突だったですね。安倍ちゃん自身には歴史観&思想、公約のコンプリート、お祖父さんの名誉回復(後述)、選挙対策とか、色々な意味があるとは思うのだけれど、このタイミングでどうなのよ、とは誰もが思いますわな。
参拝自体に問題があるとは思わないですけれど、それを快く思わない人々(国?)があるのも確か。タレントだかモデルだかが、「靖国に参拝するのはヒトラーの墓参りをするのと同じ」とか発言してネット上で物議を醸し出してましたけど、そう見られても仕方ないところはあると思います。
ドイツは世界大戦後のニュルンベルグ裁判で徹底的に「ナチス」の芽を叩きつぶされてます。裏で罪を認めさせるための暴力的な行為があったりして、かなり強引に結論が出されているとか。それだけ、「ナチス=超民族主義」的思想が危険視されていた、ということなのでしょう。
それに比べて東京裁判は、どう考えても最大の責任者である昭和天皇が起訴されていない点で、すでに占領後の政策を考えての骨抜きの「見せしめShow」でしかないわけです。
ポイントは「A級戦犯」という言葉ですね。A級というのは罪の重さではないわけで、「平和 に対する罪」を含む戦争犯罪を犯した者を言います。もっと詳しく言うと、「極東国際軍事裁判所条例第五条(イ)項により定義された戦争犯罪に関し、極東国際軍事裁判(東京裁判)により有罪判決を受けた者」となります。事後立法です。
で、何が問題なのかというと、1978年(昭和53年)10月17日に彼らが「昭和時代の殉難者」(国家の犠牲者)として靖国神社に密かに合祀されていた、ということなんですね。
靖国とそれを指示する者の意見としては、彼らは国際法で裁かれたのであり、国内法ではない、むしろ「国家の犠牲者」というものでした。
ちなみに合祀の事実を翌年にすっぱ抜いたのは朝日新聞ですw。
裁かれた人々で有名どころとしては、陸海軍の重鎮に加えて東條英機(死刑)、広田弘毅(死刑)、松岡洋右(判決前に病死)など……絞首刑になった受刑者の亡骸は火葬されて東京湾に捨てられたとか。で、不起訴になった者として、児玉誉士夫、正力松太郎、徳富蘇峰、笹川良一などの戦後有力者たちがおります。
そして、この不起訴者の中に安倍ちゃんのお祖父さんの岸信介もいるんですね。公的に名誉は回復しているんですが、A級戦犯として名指しされたことが、彼らの後年に陰を落としているわけで。
ニュルンベルグに比べると、東京裁判は政治家も含めて適用範囲が広い印象がありますし、「戦争を起こした要因」としての罪が非常にキツいように思えます。
これをして、「昭和時代の殉難者」という言葉が出てきたと思うのですが、その辺りの経緯が決定的に諸外国に伝わっていないわけで(特に西欧に)。中韓については……もうどうでもいいんですけど、あえてひと言言わせてもらえば、「韓国は戦勝国ではなく、日本の一部であり敗戦国。無理矢理従属させられたのを恨みに思うのは勝手だが、当時自ら進んで日本軍に入って活動していた朝鮮の若者は多かった。若き日の朴正煕元大統領……現在の朴槿惠の父親もそうだった」。終わり。
閑話休題。
安倍ちゃんの歴史観がおかしい、という人がいます。国内にも海外にも、それがトラブルの原因であると言う人は、確かに存在します。特に海外の(中韓以外は)意見としては、もう定まっている歴史評価に異を唱えるのはおかしいというものだと思います。
偏屈先生個人としては、安倍ちゃんの歴史観が大きく狂っているとは思いません。ただし、知らない人が見れば、ヒトラーも東條英機も同じなんですよ。「悪」のレベルが全然異なる……偏屈先生に言わせればオーナーシェフと雇われ調理師くらいの違いはあると思うのですが(比喩が変かな)。
世の中には修正主義者ってのがいます。特に自分たちが直接関わったことを歴史的に正当化することに命を賭けているジジイが、戦後にわさわさ出現しました(岸信介もそうじゃないかと)。
そんな亡霊が、A級戦犯を靖国に合祀させてしまった。靖国自体に特に問題があるとは思いません……アメリカのアーリントン墓地と同じ、「国のために戦った人々の魂を鎮める地」でしかなかったのですから。
しかし、A級戦犯が合祀されてしまったことで、靖国の持っていた性格が変わってしまったと思うのです。
偏屈先生は、彼らを分祀するべきと思っています。
外国のことなんかどうでもよくて、ただ、静かに眠っていた英霊たちの眠りを脅かすようなことは、どうか避けていただきたい、ということです。靖国に眠る「市井の兵士」たちが、自分たちを戦場に駆り立てた人間との合祀を望んでるのかどうか、偏屈先生は単純に疑問に思います。
分祀した後は、A級戦犯の方々のために別の神社を造ればいいじゃないですか。
とにかく、靖国に参拝に行くこと自体を「悪」のように言うような風潮は、もう止めにしてほしいと切に願うわけです。

2)大瀧詠一さん死去
リンゴを喉に詰まらせたって……。ご冥福をお祈りします。

3)Perfume東京ドーム公演を観て
やはり、ドームで3人を観るのってキツイですね。『Spring of Life』なんか、3人左右真ん中にバラバラで、正面の大モニターで3人揃って観られるとは言っても視点が定まらないのは辛い。
終わった後の感想としては、3年前が「特別公演」だったのに対して、こちらはLEVEL3のツアーですからね。セトリも予想の範囲内ですし、ちょっとグレードが落ちるんですわ。
期待の『Party Maker』も少しわかりにくかったかな。『Perfumeの掟』や『Edge』に比べると仕掛けはでかいけど、ダイナミックさに欠けるというか。まあ、京セラドームと使い回ししなくちゃいけないし、東京ドームも2日間だし、そういう意味でセトリも含めて無理が利かなかったんでしょうね。
個人的にはのっちが良かったです……ごめん、いつものことなんだけど。『チョコレイト・ディスコ』では派手に間違えてたし。全編を通してのっちらしかったというかw。
ちょっと感動する場面が無かったのが残念。やはり、個人的に今年の№1ライブはロンドンだなw。

4)2014年の抱負
鬼が笑うかもしれませんが……来年は、引退するぞっ!

52013年の達成感
あ、今年一番嬉しかったのはこれ。最後の最後でダイエット効果がっwww。

20131231

追伸:大島優子卒業……でも紅組勝てずw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

かしゆかさん、Happy Birthday to You!!

えーと、今日の東京ドーム二日目で、全米ツアーあたりが発表されるような気がします。

ドームツアー最終日のサプライズに期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

京セラドームが終わったそうで

情報が断片的にしか出てきません。
さすがPerfumeファンは口が堅い!w

そんな中で無理矢理セトリを探ってみたところ……
う~ん、あまりサプライズは無さそうですね。直球勝負ですな。

でも、今手元にある情報を信ずるのならば……ええっ、新曲やらないの?
ジャンプしないのは京セラドームだから?(ジャンプ禁止らしい)
もし、東京ドームでジャンプするなら、何か落ちるのかな。その場合は、ワンコっぽいなー。
もうアレはいいだろー。
未来よりもハリバリ演ってほしいぞ。

うむむ、これで大丈夫なのか?

ちょっと心配してます。はい。

(うわー、なんか普通の人のブログっぽい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

Sweet Refrain続報

続報、とは書いてみたけれど、別に大したことじゃありません。

『Sweet Refrain』のMV監督って田中裕介さんなのね、関さんじゃなくて。道理で映像がクールでちょっと不思議が入ってるわけで。関さんの作品も好きなんだけど、どこかチープで(いい意味で)粗いんですね。そこへいくと田中さんの作品は細部まで凝っていて隙がないんです。例えば『Spring of Life』とか『Spending all my time』みたいに(余談だけど、CM絡みだと児玉裕一さんになります。シクシク、ねぇ、ナチュ恋とか。この人は女性を綺麗に撮れる人ですよね)。

で、ちょっと気付いたことが。
3人が持っている時計の針が示している時間って、それぞれの誕生日なんですね。9月20日ののっちが9時20分というように。気付いた偏屈先生って偉くないですか?
この話を某さんにしたら、「そんなのファンならみんな気付いてるでしょ。自分だけ知ったふりするんじゃねーよ」と罵倒されましたw。
そんなものなんでしょーか?

これも余談ですが、TV「おしゃれ関係」であ~ちゃんに「ひとりだけ踊りが違う」とディスられていたのっちですが、このMVでも微妙にずれていることが判明。ミニPerfumeのダンスが2回回ってくると思うんだけど、どっちも少々遅れ気味ですねw。

いやぁ、でもやっぱりこの曲いいわ。MVも化粧が濃すぎて気持ち悪いこと以外はナイスです。
今回再確認したのは、やはりPerfumeのダンスは歌舞伎だってこと。静と動の流れの気持ちよさ、特にピタッと止まる難しさを、彼女たちはいとも簡単にこなしてますけど、あれって凄いことだと思いますけど。本当に歌舞伎でいう「見栄」ですよ。

もうすぐ京セラドームですけど、お客が満員ならいいですねー。
ちょっとでも空席があると、サイゾー辺りが「オワコンPerfume空席祭り」とか書きそうですもん。
期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

「きわぐろ」じゃありません その3

やっと「きわぐろ」の話ができる日がやってまいりました(笑)。
漢字で書くと「極黒」。正確には「ごくこく」と読みます。
もうわかりましたね(いやいや、誰も知らないから)。
週刊ヤングジャンプで毎度おなじみ渋々連載で大好評のマンガ、岡本倫『極黒のブリュンヒルデ』の話題でございます。

なんでこれが「きわぐろ」なのかと言うと、誤読している人が多いから。
ほら、よく日本料理屋とかで難しい漢字を店名に使ったり、ひらがなを妙に崩して表記して何ていう店なのか誰もわからなかったりすることってあるじゃないですか。まあ、アレに近いかと。愉々家(ゆゆや)なんか、マジでネット検索してしまいましたよ。

で、なんでこの話題になるのかというと、グローバル規模で誤読されているから。
インターネット上でかなり有名なMANGAサイトにmangapanda.comというものがあります。多分違法なんですけど、日本の漫画を勝手に英訳して凄いデータベース化して公開しているサイトです。既発表の作品だけでなく、なぜか発売前のジャンプの作品が載っていたりして……某死神マンガなんか月曜発売なのに、その前の週の水曜の午後(日本時間)には英訳版がアップされてますもん。
日本でも前週の土曜日にジャンプを売ってる店はあります。雑誌は地方から配本されるので、木曜には配送が始まっていたとしてもおかしくはない。逆算すれば水曜日には刷り上がっていても不思議なじゃないのですが、例のサイトの場合は日本時間の水曜日には吹き出しの中のセリフが英語になっているだけじゃなく、一部をレタッチし擬音まで変更してたりするんですよ……水曜日に。日本時間の水曜の午後って、アメリカならば火曜日の夜じゃないですか。一体こいつらはいつ原本を入手しているんだと思いますよねぇ(このサイトの国籍は不明。内容から見て多分アメリカではないかと。ただし英訳スタッフには日本人らしき名前もあります)。

で、このサイトが例の誤読を盛大にやらかしております。
少年誌・青年誌のマンガはたいがい掲載されてますし、一応ヤンジャンというメジャー雑誌に載っているわけですから、偏屈先生は「どんな塩梅かなー」と思ってタイトル検索で探してみたわけですよ。当然、「gokukoku no brynphildr」と打って。そうしたら、見つかりゃしねぇ。頭文字が「g」のマンガを頭から辿ってみましたが、それでも見当たらない。
岡本倫という漫画家は、前々作の『エルフェンリート』で全世界的に知名度を向上させた人。だから国内よりもむしろ外国の方が知られてるんじゃね?くらいの感覚だったので、こんな巨大MANGAデータベースにない方が不自然です。そこで必死になって著者検索を掛けてみました。そうしたら……ね、もうおわかりだと思うのですが、『kiwaguro no brynhildr』として登録されていたんですねー。残念。

連載前に本人がTwitterで「ごくこくと読みます」と発言してますし、コミックスの後書きにも「ごくこくです」とちゃんと書いてあるのですが、mangapandaのスタッフはそれを知らなかったみたい。しかも、普通はコミックスにローマ字表記されていたりするんですが、この作品に限っては「Brynhildr in the Darkness」という英語表記になっているため、中途半端に日本語のわかる翻訳者が「きわぐろ」って読んでしまったんでしょうね。
余談ですが、この「Brynhildr in the Darkness」という英語表記も中途半端かと。「極黒」のニュアンスを出すならば、deepestとかの形容詞を付けて「極」のイメージを強調した方がいいような気がするのですが……まあ、その辺は固執しませんけど。

そんな次第で、この作品がいかに軽視されているか一目瞭然かと(笑)。なにせ、最後に英訳されてから10話以上が経過しているのに、全然翻訳が更新されません。ジャンプの人気マンガと比べると、この半端っぷりったら……。

でもね、この作品は地味に面白いんですよ。本当にお薦めです。
作者は有名なガノタ(ガンダムオタク)らしく、最近のメカとかの描写もそれっぽい感じがします。
『エルフェンリート』のときは「描写が……」というよりも、「まずちゃんと絵を描けよ」レベルだったので、メカ云々以前の問題だったわけで。だって、Amazonの書評で有名なホッカルさんにも「絵はアレだが……」と書かれたくらいにアレでしたから(笑)。『進撃の巨人』以下の作画力で萌えとグロを書きまくっておりましたが、何せ絵がアレなんで首チョンパを描いてもまったく怖くない……それってどうなんだと思いますよね(コミックスの8巻辺りからMacを導入し、アシの質が向上したため、飛躍的に上手くなってしまったのが残念)。

ただし、ストーリーテラーとしては一流で、他のマンガ家に原作を提供していたりもします。しかも、そっちの方が自分の作品よりも売れていたりする悲劇のマンガ家です。

でも、いろいろと取柄もあるのです。
まず、真面目。真面目さがマンガ家として必要なのかどうかは微妙ですが、Macで作品を描くこともあって、週刊連載時には描き足りなかったり舌足らずだった部分をコミックスですごーく修正しています。修正というよりは、もう書き直しに近いかな。ページを増やしたり、ストーリーを変えてたりもします。最新作もそうですけど、『エルフェンリート』の最終巻なんて、20ページも追加しているくらいです。
『極黒のブリュンヒルデ』もコミックス化する際に、相当修正されてますね。例のmangapanda.comは週刊連載時の原稿を英語化してますので、それとコミックスを見比べると面白いですよ(ちなみに、作品によってはコミックスを英語化してます。エルフェンはそうでした)。

このような努力を重ね、メジャー雑誌に連載されているにも関わらず、知名度はいま九つくらいの岡本倫ですけど、世の中にはわかっている人もいて、あの冨樫義博もファンだとか(岡本「が」じゃなくて岡本「の」ファン)。真面目にコミックスを修正しまくる岡本を、鉛筆殴り書きをそのままコミックスにしてしまう厚顔無恥の冨樫が敬愛してるっていうのも皮肉ですねー(自分にはできないから好きなのか?)。

肝心の『極黒のブリュンヒルデ』ですが、例によって可愛い女の子がいっぱい出てきて、ひとりの男の子と一緒に行動します……もうハーレム状態(笑)。
エルフェンでは一部の女子に角が生えています(ラムではない)が、今回は全員魔法使いです。しかも日本国がバックにいる秘密の研究所から逃げ出してきたりして……エルフェンとまったく同じやんけ!
なにこのマンネリ感? 水戸黄門に通ずるカタルシス。

でもでも、面白いんです。騙されたと思って一度コミックスをご覧ください。現在6巻まで発行されております。ただ、残念なことにあまり部数が出ていないのでブックオフに行ってもほとんど見かけません(エルフェンも)。代わりに『ノノノノ』というスポーツマンガが大量に置いてある場合がありますが、それは黒歴史なので見なかったことにしてください。

ぜひお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

「きわぐろ」じゃありません その2

これを書いているのは12月2日の月曜日。
明日には『Sweet Refrain』のオリコンウィークリーの順位が出ると思うのだが、まあ、乃木坂、東方神起に次いで3位でしょうね。Amazonのレビューがすごく少ないので、売れてないんだろうなーとは思っていましたけど。
オリコンなんかもう意味ないじゃんと居直ってみたところで、下降線傾向は現実なわけで。Perfumeが、というよりも音楽産業が、なんでしょうけどやり切れないよね。
Team Perfumeって本当にオリコンで1位を獲りたいと思っているのだろうか?  せっかく10万枚売ったところで、それより売れているものがあれば永遠に1位にはなれないわけで。今回もそうで、特に今週発売しなければならない理由が見あたらない。100歩譲って考えれば、TVドラマの主題歌だから話題がホットな内に出したかったのかもしれないけど、長澤まさみの番組のクロージングナンバーじゃあねぇ。LEVEL3が出たばっかだし。

なんでこんなに嘆くのかというと、単純に『Sweet Refrain』が良い曲だからですよ。
もう100回くらい聴いてますけど、何度も聴けば聴くほど中田Pのマジックが見えてくる曲なんです。
イントロはもうPSY・Sの『サイレント・ソング』ですよ。でも、ちゃんと21世紀バージョンになってます。例のピアノのリフもよく聴くとずっと同じじゃなかったり、ベースが下降コードを辿っていたり……単調に見えて、実は意外と複雑だったりするのですわ。
ただし、中田Pの曲は、この「よく聴くと実は意外に…」というのが多すぎる。日本のリスナーなんか、5秒間でパッと食い付ける曲じゃないとダメなんです。でもPerfumeの曲は真逆で、ちゃんとフルで聴かないと何が良いのかさっぱりわからない。こう考えると中田Pって歌謡曲が下手ですよねー。
そういう意味で、今後は中田P以外のコンポーザーを使ってみてもいいかも。外国曲のカバーでもいいですよね。シングルA面は政治的に無理としても、c/wだったらイケるのでは?

では、恒例の採点にいきます!
シングル曲としての『Sweet Refrain』は100点満点で98点です!  ベースがよく聞こえるイヤホンで聴いていると、とにかく疾走感が気持ちがいい!  以上!
c/wの『恋は前傾姿勢』は、ちょっと初期っぽいムード。バックコーラスが結構凝ってるんで、ちゃんと聞きたいならCDを購入するように!

で、タイトルの理由なんだけど、もうKQが下車駅に着くので、とりあえずここで。
衝撃の事実は次回!    ご期待ください!

| | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »