« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月10日 (土)

5月病(重症)

4ヵ月ぶりくらいの書き込みじゃないかな。
ココログのログインパスワードを覚えている自分にビックリだ。

この間にいろいろあったなー。
ネタは無尽蔵にあるのだけれど、精神的に余裕がないとブログを書く気にもなれない。
まあ、今日は天気も良いので気持ちも多少は前向きになっているということですよ。

徒然なるままに書いていくとするか。

1. 小保方さんの件
疑問に思うことをひとつだけ。
もし彼女が悪意をもって「捏造」したのであれば、彼女がそうしなければならなかった理由はなに?
STAP細胞発見というセンセーショナルな発表内容からすれば、それが世間の耳目をそば立て、世界中の科学者が立証に走るくらいのことは誰だってわかる。もしそれがウソならば、遠からずしてバレることは明白。そうなったら、自分の身の破滅だって誰だってわかるでしょ。
なのに、何故彼女は「捏造」するの?  功名心?  利権?  それともバカなの?
すっごく感情的に攻撃している人がいるけれど、捏造と決めつけるなら誰かその動機を説明してくださいよ。

2. ネットバカと民主主義の件
1年前かな。
ある学校(確か公立高校)の入学式に、新入生の担任教師(女性)が休んだ。理由は自分の子供(新高校生)の入学式に出席するため。もちろん無断欠勤じゃなくて、ちゃんと校長の許可も取り有休の手続きも踏んでの話。おまけに、自分の担任生徒宛に手紙も残していたと。
問題は、公務員であり、しかも新入生を導くべきタイミングで教師が自己都合を優先させたこと。
で、この行為の是非が問われたわけだ。具体的には父母からクレームがついて、これがいわゆるモンスターペアレントじゃないかとネット上で話題になったということである。
偏屈先生の見解としては、休んじゃダメとは言えないが、違和感はある。この教師は少なくとも事前に生徒およびその保護者に十分な説明をしておくべきだったな、とは思う。
世間一般の見解はわからないが、ネット……主にTwitterでは教師に同情的で、自分のプライベートを守る権利は教師にだってあるはずだ、と。特に母親としては、自分の子供の晴れの日に立ち会いたいというのは当たり前の感情だと。
まあ、日本は言論の自由が守られている(はずの)民主主義国家だから、何を考えてどう表現しても良いはずなんだけど、ちょっと前の日本とは違うなーとは思う。昭和の時代であれば、「公僕は私事より公事を優先すべし」という意見の方が多かったと思うのだが、現在はプライベート重視派が圧倒的らしい。
ただ、ここで終われば「時代は変わったなぁ」で済んだのだが、Twitterで何人かが公事優先的な発言をしたところ、いきなり炎上しちゃったわけだ。
特に某地方の市会議員だか県会議員が「公務員ならプライベートよりも学校行事を優先させないと。特に新入生との顔合わせの日に担任が私事で休みましたでは、子供たちがどう思うでしょうか?」というツィートをしたところ、一斉集中砲火が始まったと。
曰く、「時代遅れ」「こんな議員は選挙で落ちろ」「死ね」……暴言卑語の雨あられ。凄いったらありゃしない。
あのぉ、なんでこんなに非難されなきゃいけないの?
問題(かどうかは別にして)発覚当時は、教師の手紙にもちょっと問題があって多少は教師に厳しい意見も多かったのに、1年近く立ってまた入学式の季節になってこの問題が蒸し返されたとき、いきなり罵詈雑言ですよ。しかも、びっくりするほど感情的かつ汚い言葉でね。

最近のネットバカの特徴としては、自分の意見に賛同する者が集まってきて「オレに風が吹いてるな」と思った瞬間に大増長するのね。しかも、そうなったらいきなり上から目線になって、自分と違う意見を持った人間を排斥しようとするんだなぁ。しかも全力で。
上の小保方さんとか佐村河内先生のときもそうだし、対韓国や中国の話題でもそう。最近で言えば、「美味しんぼ」の雁屋哲大攻撃事件もそんな感じ。まあ、雁屋先生の場合は言われても仕方ないような気もしますけどね。

言葉とか表現の暴力って、日本では結構軽く見られてます。例えば、小林よしのり先生がゴー宣とかで攻撃対象者をわざと醜く書いたりするわけ。もうそれってすでに「印象操作」なのに、マンガだからそんな大したことじゃないと言い訳したりするんですよ。
それって、自らの表現のチカラを否定しているに等しいと思うんだけど、そう言い切っちゃうんですわ。
もうシッチャカメッチャカです。

なんだかなぁ。
日本人って、幼いと思うんですよ。思考も表現も、悪い意味でマンガなのね。ネット住民の知的レベルもそこで止まってる。
この偏屈先生のブログだって、正直そうだよね。でもね、少しでも冷静に物事を考えないとダメだと痛感している今日この頃なんです。何かを表現する前に、一度ツバを飲んで是非を心に問うてからでも遅くはないんじゃないかと。
なんでも言葉にすればいいってもんじゃないんです。事実はどこにあるの?ってこと。

いつまでもGW感覚じゃダメなんですよ。社会全体が5月じゃアカンのです……でも、相当重症ですよ、これは。

先行きは暗いね。戦争かなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »