« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

あー、やっちゃったねw

「極黒のブリュンヒルデ」13話、つまり最終回なんですけど。
すごい評判悪いですね。
たぶん、原作を読んでないと意味がわからないと思うんですよ。
原作を知ってるとそれなりに「端折りの美学」が見えてくるんですけど、まあ一見さんには理解不可能ですよね。

ひと言で表せば、「ペース配分のミス」。既報通りです。
にしても、最終回の余韻というか、間の無さはすごいです、悪い意味で。
Elfen Liedの時は、原作は無視しても余韻があったんですが、今回は皆無。無理して原作に追いつかなくても良いのに……と思ったのは偏屈先生ひとりではないはず。

シーズン2があればまだしも、何がなんでも13回で終わらせなきゃいけないという制約の中で、よくまとめたよねとも評価はできます。が、もったいないという声が多いのも事実。

このまま原作が続いてシーズン2の企画があがればベストですけれど、贅沢は言いません。OVAでも何でも良いので、いつかリカバーしてくれる日が来ますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

Cling Clingにはガッカリだよ

World Tour 3rdで盛り上がっているPerfumeなんですけど。

新譜の「Cling Cling」の評判がよろしくないですなぁ。

[CD収録内容]
1.Cling Cling  エーザイ「チョコラBBシリーズ」CMソング
2.Hold Your Hand NHKドラマ10「サイレント・プア」主題歌
3.DISPLAY
4.いじわるなハロー

1はこの前ラジオで公開しまして、誰もが「これはきゃりーの曲じゃね?」と思ったと。最近の良くない中田Pの出来なんですよね。う~ん。

2はNHKのドラマ「サイレント・プア」の主題歌で、PV用にFANの手の写真を集めたりして、それなりの話題もありましたけど、地味なんですよ。どうかな~。

3は傑作です。これをメインにすればいいのに。まあ、歌詞が4Kテレビにドンズバすぎるといえばそれまでですけど。

4は確かまだ公開されてないはず。

あくまで個人的な趣味で再度言いますが、「DISPLAYをメインタイトルにして!!」。

お願いしますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

順当

実力相応な結果。
すこぶる順当。
FIFAのランキングは意外と正しかったってことですよ。

何が問題かって?
「井の中の蛙」を持ち上げられるだけ持ち上げて、批判者を潰そうとするマスコミと、選手を甘やかすサポーターがいる限り難しいでしょ。

だってさ、普通に考えれば、日本がエースと頼む本田や香川の、主戦チームにおける立場と成績を見ればどれくらい期待できるのかわかろうってもんだけどねぇ。

日本に帰ってくる選手に生卵でもぶつける輩がいれば、まだ将来の芽もあろうってもんだけど、どうせ「お疲れさまー」「よく頑張ったー」とか言って、温かく迎えるんだろうな。
それがダメなんだと思いますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ?

あと3時間で日本vsコロンビアが始まると。
偏屈先生は寝ますが、今ふと気付きました。

日本負け、ギリシャ勝ちだとギリシャが勝点4でグループリーグを突破するんですね!
なんだ、日本が一番確率が低いんだ。へー。

起きた頃には結果が出ていると。
なんか、1-0か2-1で勝って、でも結果としてグループリーグを突破できないんだけど、未来に向かって一条の希望の光が……ってことになりそう。最悪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

祝! これが本当のWorld Tour

来ましたねー。
PerfumeのFANクラブに入ってると[Perfume FANCLUB]P.T.A.NEWSなるものがメールで届くんですけど、やっと夢に描いていたものが来ました!
それがこれ、アジア、北米、欧州含む真のワールドツアー告知ですよ!
まあ、欧州と言ってもロンドンだけなんですが。パリも欲しかったかも。

………………………………………………………………
★「Perfume WORLD TOUR 3rd」 決定!
2012年アジア4カ国、2013年ヨーロッパ3カ国を回った海外公演に引き続き、「Perfume WORLD TOUR 3rd」の開催が決定いたしました。
今回、ライブとしては初上陸となるアメリカをはじめ、台湾、シンガポール、イギリスでのライブを開催いたします。

2014年
■10/31 (金) 台湾 @Taipei International Convention Center
■11/02 (日) シンガポール @Resorts WorldTM Theatre, Resorts World Sentosa
■11/09 (日) ロサンゼルス(アメリカ) @HOLLYWOOD PALLADIUM
■11/12 (水) ロンドン(イギリス) @EVENTIM APOLLO HAMMERSMITH
■11/15 (土) ニューヨーク(アメリカ) @HAMMERSTEIN BALLROOM
………………………………………………………………

アメリカはロスとNYか。まあ、無難な選択かと。
それにしても、3日おきにロス→ロンドン→NYって、スタッフにすれば地獄でしょう。
しかも、国内ツアーの「ぐるんぐるん」が終わって1ヵ月とちょっとで出発とwww。
がんばってください。真鍋くんは虚弱体質に見えるのだが、大丈夫なのでしょうか?  徹夜には慣れてるんでしょうけどね。

問題はこれに行くか、だよな。
前回はロンドンに行ったしなー。アメリカは好きじゃないんだよなー。でも、台湾とかシンガポールにも行きたくないしなー。
迷いますね。お金もないし、そもそも生きてるかどうかもわからないしwww。

エントリーすべきか……う~ん、迷います。

あ、ついでに、こんな告知も。

………………………………………………………………
★「Perfume WORLD TOUR 2nd」 Blu-ray&DVD 今秋リリース決定!
2013年に開催された、ヨーロッパツアー「Perfume WORLD TOUR 2nd」。
Perfume初上陸となった、ドイツ・イギリス・フランス公演の中から、ロンドン(イギリス)・O2 Shepherd's Bush Empire公演の模様を収録した、Blu-ray&DVDを今秋リリースすることが決定しました!
………………………………………………………………

こっちは生で観ましたけど、多分買うでしょう。
実際、あのコンサートは今まで見た中では3本の指に入るくらいの良い出来でしたし。やはり、大きすぎる会場よりは2000~3000人収容のハコの方が彼女たちの魅力が伝わると思うんですけどねぇ(まー、それじゃアミューズが儲からないからねぇ)。
ちなみに、今回のNYの会場であるHAMMERSTEIN BALLROOMなども、コンサート用のキャパは3500人、ロスのHOLLYWOOD PALLADIUMで3700人くらい。ロンドンは5000人くらい(前回より増えましたw)。

まずは、そんなもんですよねー。


追記:Facebookを見る限りではMexicoのFANからの「来て来て」要望が強いですねー。まあ、例のパロディPV作ってる人たちのいる国ですから、熱心なFANが多いんでしょうね。
あとはインドネシアとオーストラリア、ブラジルですかね。チリからの要望もありましたが、フツーは行かないと思います……残念だけど。
後は香港ですか。香港は行っても良いと思うんですけど、まあ、台湾があるんで行動可能範囲内ってことなんでしょうね。
う~ん、どうすっかねぇ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

極黒のブリュンヒルデ……置いて行かれた人に捧ぐ

いやー、悪評さくさくですね、アニメ「極黒のブリュンヒルデ」。

8話くらいまでは確かに神アニメだったんですけど、9話辺りから大はしょり大会になり、10話で鈍行から新幹線、11話でリニアモーターカー並みのスピードまでいきなりアップ。
で、今回12話では宇宙戦艦ヤマト並みのワープです。
原作で言うと、71話から87話まですっ飛ばした感じ(アイン・ソフ・オウルが出たということで)。

前半はむしろ、「こんなにゆっくりでええんか?」と思ったくらい原作に忠実で「光るおっぱい」満載ペースだったわけで。それが原作未読の方々にも受けまして「実は今期で一番面白い神アニメ」の称号をいただく所以になっていたのですが……急に尺が足りなくなったらしく、後半は怒涛につぐ怒涛の展開。作画も明らかに落ちているし。
原作を読んでいれば意味はわかるのですが、未読の人は追いてこれるのかな?
特に今回なんか、いきなり「人類滅亡」とか言われても、いままで「おっぱいギャグアニメ」としか見ていなかった視聴者は「は?」ってなもんでしょ。

言い出すとキリがないので適当に切り上げますけど、BDが売れるのか心配です。
この原因は、明らかにシリーズ構成の失敗ですよ。
アニメ化の企画が上がったのは、多分去年の夏くらいだと思うんですよね。そのとき、原作は60話~70話くらいだったかと(コミックでいうと6巻~7巻くらい?)。すでにヴァルキュリアさんも現れています。ただ、九さんと真子さん、コント軍団「ヘクセンヤクト」がどう話を畳むのかまでは見えていなかったんですね。どうも、その時点で大まかに13話を割り振ってしまった感があります。
もちろん原作者と今後の流れについては打ち合わせたんでしょうけど、予想したより風呂敷が広がってしまったのかもしれません。で、辻褄合わせに走ったと。

もうひとつ考えられるのは、海外でどう売るかってことだと思うんですよね。
OPテーマをインストにしたのもそのためではないかと。Elfen Liedのアニメ化の際にはテーマ曲「Lilium」を超マイナーなラテン語の曲にして受けたのが、良い意味でトラウマになっていたのかもしれません。
とにかく、海外受けしそうな女の子(魔女)をいっぱい出せばいいんじゃないかと短絡的に考えてしまったような気がします。だから、スカジみたいに中学生で、しかも「死」に対してシビアな話をカットして、まどマギみたいに「kawaii」で売れりゃいいやと画策したんじゃないかと……プロデュース会社のジェンコさんが。
おかげで、ストーリーの核がぼやけてしまったと思うのです。

まあ、そんなこんなで、肝心のBD-Boxも前半を収録したⅠはアマゾンでバカ受けですが、後半収録のⅡはクソミソな評判です。
困ったもんですわ。

しかし、困ったといえば、あと1話でどう話を畳むつもりなんでしょう? たった24分で人類の滅亡を防ぎ、すべての伏線を回収……例えば高千穂の野望とは?とか、研究所はどうなるの?とか、なんで最終回に奈波が出てるの?とか……できるのでしょうか?
別な意味で、すっごく興味があります。
最終回、見逃せませんよ!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

うろ覚えW杯展望

えーと。
今KQに乗って会社に向かっている途中です。
日時で言えば、2014年6月20日、9時35分くらい。
もう日本va.ギリシャ戦はとっくに終わっており、我が日本は勝ち損ないました。
一方で、コロンビアは象牙海岸に2-1で勝利しリーグ突破、と。おめでとうございます。

で、今後の日本の展望はかなり厳しいと。
最終戦は最強のコロンビアなんですが、これにボロ勝ちしないとまず難しい状況です。
順を追って説明しましょう。

まず、最終戦は2試合とも同時スタートです。象牙海岸はギリシャとやるわけですね。
象牙海岸はすでに1勝して勝点3。ドログバがフル出場できなくてもそこそこ強いです。で、ギリシャの得点能力が低いので、フツーに戦えば引き分け以上は堅いです。まだグループリーグを突破したわけじゃないので、何が何でも勝ちに来るでしょう。
一方ギリシャだって、ここで勝てばグループリーグ突破の可能性はゼロじゃない。勝ちさえすれば、少なくとも象牙海岸の上に行かれるわけですから。加えて、日本がコロンビアに勝った場合に1勝1敗1分で並ぶことになる!……のですが、実は初戦のコロンビアに0-3で負けており、日本の上に行くためには4点以上は取らなくちゃいけないわけです(日本が勝つとなれば得失点差は最悪でもゼロですから)。
今のギリシャの状況では、相手を考えれば無理。ということで、ギリシャのグループリーグ突破確率は、残念ながら1%以下でしょう。

日本にとって微妙なのは、象牙海岸が引き分けた場合です。今、象牙海岸の得失点差はゼロです。一方日本はマイナス1。つまり、日本が1-0で勝っても得失点差で並ぶことになります。
もし得失点差が同じなら、次の勝ち抜け指標は何かというと、総得点になります。1-0勝利ならば総得点は2。この場合、象牙海岸がスコアレスドローでも3なので、日本は敗退します。
万が一日本が2-1で買った場合には、総得点でも並ぶことになりますが……それでも敗退が決定してしまいます。理由は、第3の勝ち抜け指標が「直接対決で勝った方」というルールになっているからなんですねー。

ということで、象牙海岸が1点も取らず、かつ日本が3点以上取ってコロンビアに勝つと、堂々と本戦に進めると。

……うーん、難しいですねぇ。
まず、象牙海岸が負ける気がしないですもん。
オマケに日本がコロンビアからそんなにボコボコ点を取るイメージがまったく湧きませんし。何せ、10人のチームから1点も取れなかったんですからね。
まあ、ギリシャが象牙海岸に勝ちゃ良いんだってことなんですけど……その場合でも日本の勝利は必須。日本が勝てなきゃ象牙海岸とギリシャが勝点で並び、結局象牙海岸が勝ち抜けする気がします。

予選リーグが始まる前に、ディエゴ“神の手”マラドーナが、グループCはコロンビアと象牙海岸が勝ち抜くって言ってたような気がしますが、デブ神の予言が当たりそうな悪寒が…。

頑張れ! くじけるな、日本!(棒読み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

どうぞどうぞ

えーと、まだ終わったわけじゃないですけど、W杯。
普通に考えると厳しい状況です。
本当にフツーに考えると、コロンビアは全勝するっしょ。
マスコミはコートジボワールが全勝してコロンビアが1勝1敗1分、日本も同じでギリシャが全敗。で、得失点差で日本が1次リーグ2位で勝ち抜け……という絵を描いております。

無理だろ。
このシナリオだと、日本対コロンビアは最終戦で勝った方が勝ち抜けという状況になります。そのとき、死にものぐるいで勝ちに来たコロンビアと日本が引き分けると? おまけにすでに得失点差で4点も差がついているのに、コロンビアを上回れると?
ということは、W杯予選10試合で4失点のギリシャに最低4点以上を取れるということなんですけど……すみませんが正気ですか?

偏屈戦士は素人なんですけど、その幼稚な目で見ても無理っぽいんですが、大丈夫なんでしょうか?

全然違う話なんですが、「極黒のブリュンヒルデ」アニメ11話、展開早すぎでしょ。
今までKQくらいのスピードだったのに、ここに来て急にリニアモーターカーになりました。
もともと突っ込みどころ満載だったアニメなのに、さらにシッチャカメッチャカに変貌を遂げております。

その象徴的なシーンをご紹介しましょう。
あと1ヵ月あれば鎮死剤が完成、でも残りの個数では1人しか生き残れない。「くじ引きで決めよう」と勢い込むカズミに対して、ヒロインの寧子や佳奈、小鳥は「自分はいらない」と辞退しちゃうんですよ。で、カズミに対して全員で言った言葉が「どうぞどうぞ」。
ダチョウ倶楽部ですwww
で、結局カズミも妥協して、皆であと一週間悔いなく生きて死のう、ということになると。

このシーン自体はちゃんと原作にあるんですが、そこに至るスカジの攻撃(?)からつながるカズミのキス事件がすっ飛ばされているので、カズミがなんで生き残りたいのかという乙女の切ない心理描写がないままに「どうぞどうぞ」だけが強調されちゃってるですねー。
惜しいですよね。

でもまあ、これですよ、これ。この寧子たちのふるまいこそが日本人の心。
ガシガシ勝ちに行くんじゃなくて、皆で仲良く破滅しあいましょう、と。
この心を世界中に訴えるのです。
そしたら、ギリシャもコロンビアも仲良く試合してくれるかもしれないじゃないですか。
で気が付いたら、全チームが1勝1敗1分にwww

無いな(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

誰か教えてほしいわ

ブログを書く暇もないほど忙しい。
というのは半分嘘で、単に面倒くさいからでもある。
とはいえ、今書いておかないと腐ってしまうネタが多いので、後世のために渋々書いておこう。西暦20000年くらいに「怠惰なヲタ原始人の生態典型例」として考古学の研究対象になるかもしれないし。

でも面倒なんで、箇条書きにしちゃおうっと。
あ、今回は「どうするんでしょう?」って感じのネタです。

1.なんでワールドカップで予選突破できるって前提になってるの?

わからないなー。普通FIFAランク47位と5位、10位、21位(2014年5月現在)が同じ組でさ、予選リーグを勝ち抜くために最低1勝1敗1分が必要な場合、普通はみんな「47位戦を取りこぼしたらヤバイ」って思うよね?
よく日本戦は油断するからとか言うけど、こんなシビアな大会で国の威信を掛けて戦っててさ、油断してポカやるかぁ?
百歩譲ってあるとしたら、第3戦の対コロンビアかな。すでに2勝してて「負けてもいいから本戦に向けて調整しよ」くらいに考えてくれればあるいはって感じですかね。エースも欠場だそうなんで。
それでも良くて1勝2敗じゃない?  よく知らないけど、サッカー界ってオプティな人ばかりなんですか?

2.アニメ「極黒のブリュンヒルデ」ってどう終わるの?

ここでも以前から何度か紹介しているけれど、鬼才岡本倫の変態マンガ(褒め言葉)のアニメ版が、TOKYO MXとかでひっそりと放映中です。しかも全13話中すでに9話まで終わっていると。
内容的にはかなり出来が良いのではないかと思います。所々端折ってますけど、作画の破綻も最小限ですし、キャラの心理描写やシュールな岡本ギャグも丁寧に再現してます。まあ、原作にないシーンだと如実に絵が崩れるのはご愛嬌ということで。でもエルフェンリートよりもはるかにマシです。
元々さほど人気のあるマンガでもないので放映当初の世間の注目度は限りなくゼロでしたが、ここに来てジワジワ人気が出て来てるみたいなんで、まずは成功かと。良かったら観てやってください。日曜の夜10時ですから。

問題はすでに9/13が終わってるっていうのに、話が全然進んでないってことです。
原作コミックは現在9巻まで発行されておりますが、まだ終わる気配はありません。
これに対し、アニメは残り4話しかありませんが、まだコミック4巻の途中までしか進行してません。しかも、OPに出ているにも関わらず本編に登場していない主要キャラが4人以上いるんですけど……(初菜さん、真子さん、ミキさん、イニシャライザーさん)。
そのくせ、OPにはいなかった奈波さんは3週連続で主演中……。おまけに原作のハイライトのひとつであるスカジ編は省略ですからね。もったいねー。
原作では、スカジも失って立場も時間もなくなった九(いちじく)所長が独断で真子さんを外に出すわけで、奈波さんの失敗だけでは動機が弱すぎるような……。ここをどうまとめるつもりなんでしょう?
OPであれだけ真子さんと寧子さんがドンパチやっていながら、最後の最後でヴァルキュリアたる真子さんが現れて「戦いはこれからだっ!」っていうエンドは無しですよ。ホント。

3.「Claymore」にTeresa of the Faint Smile(微笑のテレサ)現る

確かにね、クレイモア(戦士)は覚醒すると体に埋め込まれた妖魔の血肉がぶぁっと超拡張しちゃうんでしょうから、テレサの血肉を受け継いだクレアが覚醒したらテレサが出てくるってのも間違いじゃないんでしょうけど。
まあ、ファンとしては嬉しいですよね。クレアよりもテレサの方がカッコいいし。
にしてもね。このマンガ、もうすぐ終わると思うんですが、どう決着つけるんでしょう?
テレサ+クレアがプリシラを倒しても、例のルブルさんの故郷である「別大陸」の戦争の話はどうなっちゃうんでしょうか。まさかスルー?
楽しみではありますが、雑誌の掲載順も順調に下がってきておりますので、ちゃんと最後までカタをつけてくださいね!

4.巨人の澤村www

何やってんだ、さっさと出てこいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »