« どうぞどうぞ | トップページ | 極黒のブリュンヒルデ……置いて行かれた人に捧ぐ »

2014年6月20日 (金)

うろ覚えW杯展望

えーと。
今KQに乗って会社に向かっている途中です。
日時で言えば、2014年6月20日、9時35分くらい。
もう日本va.ギリシャ戦はとっくに終わっており、我が日本は勝ち損ないました。
一方で、コロンビアは象牙海岸に2-1で勝利しリーグ突破、と。おめでとうございます。

で、今後の日本の展望はかなり厳しいと。
最終戦は最強のコロンビアなんですが、これにボロ勝ちしないとまず難しい状況です。
順を追って説明しましょう。

まず、最終戦は2試合とも同時スタートです。象牙海岸はギリシャとやるわけですね。
象牙海岸はすでに1勝して勝点3。ドログバがフル出場できなくてもそこそこ強いです。で、ギリシャの得点能力が低いので、フツーに戦えば引き分け以上は堅いです。まだグループリーグを突破したわけじゃないので、何が何でも勝ちに来るでしょう。
一方ギリシャだって、ここで勝てばグループリーグ突破の可能性はゼロじゃない。勝ちさえすれば、少なくとも象牙海岸の上に行かれるわけですから。加えて、日本がコロンビアに勝った場合に1勝1敗1分で並ぶことになる!……のですが、実は初戦のコロンビアに0-3で負けており、日本の上に行くためには4点以上は取らなくちゃいけないわけです(日本が勝つとなれば得失点差は最悪でもゼロですから)。
今のギリシャの状況では、相手を考えれば無理。ということで、ギリシャのグループリーグ突破確率は、残念ながら1%以下でしょう。

日本にとって微妙なのは、象牙海岸が引き分けた場合です。今、象牙海岸の得失点差はゼロです。一方日本はマイナス1。つまり、日本が1-0で勝っても得失点差で並ぶことになります。
もし得失点差が同じなら、次の勝ち抜け指標は何かというと、総得点になります。1-0勝利ならば総得点は2。この場合、象牙海岸がスコアレスドローでも3なので、日本は敗退します。
万が一日本が2-1で買った場合には、総得点でも並ぶことになりますが……それでも敗退が決定してしまいます。理由は、第3の勝ち抜け指標が「直接対決で勝った方」というルールになっているからなんですねー。

ということで、象牙海岸が1点も取らず、かつ日本が3点以上取ってコロンビアに勝つと、堂々と本戦に進めると。

……うーん、難しいですねぇ。
まず、象牙海岸が負ける気がしないですもん。
オマケに日本がコロンビアからそんなにボコボコ点を取るイメージがまったく湧きませんし。何せ、10人のチームから1点も取れなかったんですからね。
まあ、ギリシャが象牙海岸に勝ちゃ良いんだってことなんですけど……その場合でも日本の勝利は必須。日本が勝てなきゃ象牙海岸とギリシャが勝点で並び、結局象牙海岸が勝ち抜けする気がします。

予選リーグが始まる前に、ディエゴ“神の手”マラドーナが、グループCはコロンビアと象牙海岸が勝ち抜くって言ってたような気がしますが、デブ神の予言が当たりそうな悪寒が…。

頑張れ! くじけるな、日本!(棒読み)

|

« どうぞどうぞ | トップページ | 極黒のブリュンヒルデ……置いて行かれた人に捧ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101369/59845726

この記事へのトラックバック一覧です: うろ覚えW杯展望:

« どうぞどうぞ | トップページ | 極黒のブリュンヒルデ……置いて行かれた人に捧ぐ »