« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年7月

2014年7月12日 (土)

ド素人の決勝戦予想w

「にわか」がドイツvs.アルゼンチンの予想をしてみましょうか。
大方の見方では、ドイツが圧倒的有利、と。
普通に考えれば2-1か3-1でドイツでしょう。

しかし、そこは偏屈先生。天邪鬼精神爆発で、1-0でアルゼンチンの勝ちとしましょう。

理由はこうです。
ドイツがブラジルにボロ勝ちした理由は、守りの要であるチアゴシウバがいなかったからと言われてますが、やはりネイマール不在が影響していると思うのですよ。
つまり、2~3人付けてマークしなければならないストライカーがおらず、フッキはパワーはあるが俊敏性に欠けるので裏を取られる恐れが少ない。だからこそ、通常よりも最終守備ラインを押し上げることができ、その結果中盤を制することが容易になったわけです。
ただでさえ中盤が強いのに、数的に有利になり、かつダビドルイスも下がって守備的にプレイせざるを得なくなったため、カウンターを取られる可能性もなくなったんですから、もう、やりたい放題でしょ。

これに対し、アルゼンチンにはメッシがいるし、もしかしたディマリアも出るかもしれない。そうなったら、ブラジル戦みたいに安易に守備ラインを上げることはできないはずです。
かつ、アルゼンチンの守備がいい。マスケラーノは体を張ってミュラーを止めるでしょう。そうなると、ノーゴールのまま後半まで膠着状態が続く可能性が高い。
アルゼンチンが勝つチャンスがあるとすれば、膠着状態の中、一瞬のスキをついてメッシが攻め上がり、自らゴールを上げるか、ディマリアあたりに決定的なラストパスを出したとき、ですね。
これ、結構確率高いと思うのですが、いかがでしょう?

ただし、試合当日が暑いとか、延長戦までもつれ込んだらドイツでしょう。もうアルゼンチンの守備陣の体力も限界かと。
ただし、メッシだけはあまり走ってないので、体力は温存されているかもw

ということで、スコアレスのまま終盤まで進み、90分以内に終わる試合ならば、アルゼンチン有利!……と予想するのですが、さて、どうなることやらw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

伯剌西爾vs.独逸

まあ、普通に考えれば、飛車落ちしたブラジルに勝ち目はないでしょ。
ネイマールさんがいたとしても、今のブラジルの中途半端な個人技で、ドイツの組織力に勝てるとは思えないんですけど。

とはいえ、スポーツはやってみないとわからないですし、ホームタウン・ディシジョンってのもありますから。
審判を味方につけられれば、ブラジルにも勝機ありかと。


追記:上の文章は試合が始まる3時間半前に書いたものですが、ネイマールさんだけでなくシウバという「角」も落ちていることをすっかり失念しておりました。飛車角落ちじゃ、そりゃ勝てないでしょ。1-7ってのは確かに歴史的スコアですけど、ネイマールとシウバがいても、2-4くらいでドイツの勝ちは動かなかったでしょうな。
これで、次のアルゼンチンvs.オランダでオランダが勝って、南米で行われたW杯なのにヨーロッパ同士で決勝戦とかになったらドッチラケでしょうね。それよりも、その前に行われるブラジルvs.アルゼンチンの3位決定戦がどんな雰囲気で行われるのか、考えただけで恐ろしいですねー。

もうひとつ。ブラジルの惨敗で一番安堵しているのは、コロンビアのスニガさんでしょうね。万がイチ、1-0とかでブラジルが敗れていたら、まず間違いなく殺されたでしょうからw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

ったくBBAって奴は……

今朝はKQ内のお話です。
まあ、ありがちなネタなんですけど。

結構混んでる通勤時間に、某駅で66歳(自己申告)のBBAが乗ってきました。
そしたら、40がらみの男性が席を譲ったと。
BBAは感謝して座りました。男性はBBAの前に立ちました。
するとBBAが「荷物をお持ちしましょうか?」なんて聞いたりして。

ここまでは善い話なんですけどね。

数駅後、BBAの隣の席が空いたと。
するとBBAはその席の上に自分に荷物を置いて、自分に席を譲ってくれた男性に、「ほら、座ってくださいよ」とか言って座らせようとするのね。
もちろん、空いた席の前にはその席に座るために立ってる人(女性)がいるわけですよ。
で、よせばいいのに男性がほいほい座っちゃうのね。
その後はBBAが男性に話しかけてうるさいのなんの。年齢もその際にペラペラ喋ってました。「66に見えないでしょ?」とか言ってねw

さらに悲劇が。
ひとしきり喋り散らして、BBAはその次の駅でするっと降りちゃったと。
BBAの席は、その前に立っていた他の乗客が埋めました。
ということで、男性の前に立っている女性はまたも座れず。苦虫を噛み潰した表情を浮かべておりましたとさ。

これとほぼ同じことをやられたことがあります。今回の女性の立場でね。
その時もこのブログに書いたような気がしますけど、ひと言申し上げたいことがあります。

くそババア、おめーに他人の席を指図する権利なんかねぇんだよ!
男もホイホイ座るんじゃねぇ!

以上です。
偏屈先生は年寄りと子供はキライです。

P.S.お年寄りに席を譲るのは素晴らしい行為です。ただし、一旦席を譲ったら、未練がましくその真ん前に立ってないで、さっさとどこか別の場所に移動すべきかも。お年寄りはいらない世話をやきますからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »