書籍・雑誌

2008年11月19日 (水)

願い。

PerfumeのシングルのC/W曲って、結構名曲が多いんです。
例えば、『ファンデーション 』、『コンピューター ドライビング』、『Perfume』、『wonder2』、『Twinkle Snow Powdery Snow』、『SEVENTH HEAVEN』、『マカロニ』(これは両A面か)、『edge』……代表曲ばかりじゃないですか。
そこで、今回、『Dream Fighter』のC/W曲、『願い』を聞きましたよ。
ええ。本日発売です。amazonは、ちゃんと発売前日に届けてくれました。

<試聴中につき静粛に>

え、ユーミンじゃない、これ?
少なくともテクノポップじゃないよね?
中田先生、そう来ましたかって感じ。

なんか切ないけど……別な意味で「切ない」感じがする。手抜きじゃないの?
でも、女子は好きそうだなぁ。『マカロニ』よりも良い曲という意見もあったし。少なくとも『edge』よりは一般受けしそうですね。
これを聴いて泣いたりする人もいるんだろうなぁ。

あ~あ、Perfumeも変わっていくんですね。
だって、かしゆかももうすぐ20歳。みんな大人になっていくんですね。
ファンだけが置いてけぼりだよな(笑)。

関係ないですけど、中田先生の作品って、音があまり良くないような気がするのは偏屈先生だけ? 透明感がないというか、イマイチ抜けないというか……声を加工してるからだけじゃないと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?

結構、このシングル、ギャンブルになってません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)